カンボジア

【カンボジア】日本国内でのビザを取り方!ネットでe-VISAを取得してみた

こんな方に読んでほしい

カンボジアのビザの取り方が知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

僕は、カンボジアに旅行することになりました。

そこで、本屋で「地球の歩き方」とかを見ていると、どうもカンボジアへの入国には必ずビザが必要であることがわかりました。

じいこす
じいこす
ビザって、今までに一回もとったことないです!

そこで、詳しく調べてみると、カンボジアのビザを取る方法は、以下の3通りでした。

場所 方法
在日カンボジア大使館 窓口・郵送
日本の自宅 インターネット
カンボジア現地の空港 窓口

この中で、僕はインターネットを使ったe-VISAで、カンボジアのビザを取ってみようと思いました。

じいこす
じいこす
空港でいちいち書類を記入するのが、面倒くさいなぁと思ったのでw

そこで、このページでは、カンボジアのe-VISAを取得した流れについて紹介しますね!

カンボジアのe-VISAを取る流れ

僕が今回、インターネットを使って取得するビザは、カンボジアの「観光ビザ」です。
要項は、以下の通りです。

入国タイプ シングルエントリー(1回のみ入国可能)
料金 USD30+USD6(システム使用料)
滞在期間 30日間
所要日数 3営業日

カンボジアのビザには、以下の3種類があります。

  • 「観光ビザ」⇒短期旅行用
  • 「ビジネスビザ」⇒ビジネスマンが期間を延長する用
  • 「数次ビザ」⇒何度でも使用可能

普通にカンボジアに旅行に行くなら、観光ビザ(Tourrist VISA)でOKです!

カンボジアのビザを取るときの注意点

カンボジアのe-VISAを取るときの注意点は、以下の通りです。

  • 入国時のパスポート有効期限が6ヶ月以上あること
  • 最近のパスポートサイズの写真(JPEGまたはPNG形式)を用意
  • 支払いはクレジットカードのみ

e-VISAの料金は36ドルで、カード払いのみです。

実は、現地の空港で取るよりも、6ドルほど高いんですよね。

カンボジア現地の空港で取得する「アライバルビザ」の費用は、30ドルです。

e-VISAの方が料金が高いので、注意しておいてください。

カンボジアのe-VISAを取る流れ

それでは、カンボジアのe-VISAの取り方について紹介します。

1:e-VISAの取得ページに行く

まずは、以下のページにアクセスします。

カンボジアe-VISA公式ページ

画面下の「Apply now」をクリックします。

2:セキュリティ検証

認証コード入力画面になるので、セキュリティコードを入力します。

3:個人情報を入力

個人情報を入力します。

顔写真の画像が必要でした。

パスポートの情報も入力します。

パスポートの写真画像が必要でした。

4:レビュー

確認画面になります。

問題がなければ、「同意する」にチェックを入れて、画面下部の「セーブ」をクリックします。

すると、こんな画面が出て、

メールが届きました。

このメールは、ただの受付確認なので、特に気にしなくて良いです。

5:支払いする

支払いのカードを選択する画面になります。

VISA、master、JCB、ダイナースなど、主要カードが使えます。

使用するカードのロゴをクリックします。

カード情報を記入して、「いますぐお支払い」をクリックします。

6:申し込み完了

申し込みが完了しました。

36ドルは、日本円で4,010円でした。

じいこす
じいこす
入国するのに4,000円もかかるなんて、他の国に比べて損をした気分になります。。。

ちなみに、こちらがレシートです。

7:メールでe-VISAが届く

申し込みから2日後に、メールでe-VISAが届きました!

PDFファイル添付で届きました。

8:コンビニでプリントする

念のため、コンビニでプリントアウトしておきます。

カラープリントは60円なのか、高いな。。。

B5サイズでプリントしてみました。

なお、コンビニでPDFをプリントする方法は、以下の記事で紹介しています。

eチケットをコンビニで印刷する方法!関空でスマホからeTicketをプリントする方法を解説! 心待ちにしていた海外旅行の当日、空港に向かっている最中に、「うわ!eチケットを、自宅に忘れてしまった!」と焦ったことがあ...

9:パスポートに貼り付ける

用紙だとジャマなので、切り取ってパスポートに貼り付けました。

この作業が必要なのか不明ですが、この方が収まりがいいですよね。

いちおう、ノリではなく、マスキングテープで貼り付けました。

10:問題なく入国できた

このような形で、無事にプノンペン空港からカンボジアへ入国できました。

ちなみに、プリントしたビザは「入国時と出国時、それぞれ1枚づつ必要」と友人から聞いたのですが、僕の場合は1枚だけで大丈夫でした。

ビザは入国時に提出し、出国時には何もいわれませんでした。

この辺はカンボジアは緩いためか、はっきり決まっていないのかもしれません。

念のため、2枚プリントしておくと安心だと思います。

カンボジアのe-VISA取得は偽サイトに注意?

最後に一つ、注意点です。

カンボジアのビザをネットで取得する方法を調べていると、偽サイトで騙された方が、ちらほらいることがわかりました。

外務省のページで、以下のように警告されています。

4- E-visa にご注意ください
E-Visa とは、カンボジアの外務国際協力省が直接発行する観光ビザで、外務国際協力省の公式ウェブサイトのみ 申請が可能です。問題が発生する時、大使館または領事館ではなくカンボジア外務省に直接連絡することでお願いします。非公式ウェブサイト等を通してのビザ申請はくれぐれもご注意ください。

E-Visaについてのお問い合わせは、下記へ直接お願いいたします。何らかのトラブルが生じても、大使館・領事館では一切対応できませんので、あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ E-visa Office:

No.3, Samdech Hun Sen St, Tonle Basac, Khan Chamcar Mon,Phnom Penh

Tel: (+855) 23-224-973  Fax: (+855) 23-224-972

Email: cambodiaevisa@mfaic.gov.kh

ご注意: E-visaはカンボジア外務省の公式ウェブサイトのみでしか取得できません。非公式ウェブサイト等を通してのビザ申請は、お客様の自己責任でお願いいたします。

外務省のページには、「カンボジア外務省の公式ウェブサイト」のアドレスが掲載されていません。

何か事情があるのかもしれないですが、不親切だなぁ。。。

ともかく、このページで紹介したhttps://www.evisa.gov.kh/が、公式サイトで間違いなので、安心してください。

まとめ

カンボジアのビザの取り方は、難しくありませんでした。

ビザの取得って、「もっと複雑なのかな?」って思っていましたけど、想像以上にスムーズにいきました!

インターネットのe-VISAだと36ドルと、現地の空港で取得するより6ドル高いのがデメリットです。

次の機会があれば、空港でアライバルビザを取得してみますね!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ