ベトナム

【ベトナム】ハノイの風俗・夜遊び情報!オールドクォーターの立ちんぼが美女ばかりだった!

こんな方に読んでほしい

ベトナムのハノイの風俗・夜遊び情報について知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

僕は2019年7月に、ベトナムのハノイに夜遊びに行きました。

ハノイはホーチミンと違って、夜遊びスポットが少ないと聞いていました。

しかし、実際にハノイに行ってみると、「意外と、そんなこともないぞ?」という印象でした。

確かに、ホーチミンと比べると、風俗店の数は少なそうなんですが、遊べるスポットはいくつも存在していました。

特に、オールドクォーターという交差点は、欧米の観光客がたくさんいて、とても盛り上がっていましたよ!

じいこす
じいこす
「ハノイは夜遊びが乏しい」というのが定説でしたが、少し認識が変わりました!

そして、ハノイの繁華街では立ちんぼらしき嬢の姿も確認できました。

その嬢たちは、かなりレベルが高くて驚きました!

ということで、この記事ではハノイ街の雰囲気や繁華街オールドクォーターなどについて、ざっくりと紹介していきます!

その他のベトナムの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

【ベトナム】ホーチミン・ハノイの特徴・風俗の種類・夜遊び感想・注意点まとめ 僕は2019年7月に、ベトナムの、ホーチミンとハノイへ夜遊びに行きました。 この記事では、ベトナムの南の都市「ホー...

ハノイ一番の繁華街はオールドクォーターという交差点

ハイノでは、旧市街という地区が、一番栄えています。

その中でも、一番盛り上がっているのが「オールドクォーター」という交差点です。

オールドクォーターは、ホーチミンでいうところのブイビエン通り、あるいは日本でいうと歌舞伎町といった感じでしょうか?

そんなに広い区域ではないんですが、この一角だけはとにかく観光客でごったがえしていて、めちゃくちゃ人が多かったです!

クラブ・飲み屋がたくさんある

オールドクォーターは、交差点から伸びている4本の通りの両脇に、クラブや飲み屋が並んでいる繁華街です。

道幅が狭くて、夜は歩行者天国になります。

繁華街となっている区域はそんなに広くなく、交差点の中心点が一番栄えています。

そこから100メートルもいくと、ちょっと静かになっていく感じです。

飲み屋のイスとテーブルが路上に出て、人が増えるとその分、道が狭くなっていきます。

お店の呼び込みもたくさんいましたが、そんなに強い営業はかけてきませんでした。

ここでお酒を飲みながら、人込みを眺めるのが楽しかったです。

じいこす
じいこす
欧米人が多くて、トランプをしているグループもいました(笑)

オールドクォーターは、歩いているだけでもいいし、お酒を飲んでいても雰囲気が楽しいところでしたよ!

ハノイの立ちんぼはレベルが非常に高い

オールドクォーターでお酒を飲んでいたら、立ちんぼらしき嬢を発見しました。

出没時間は、22時を過ぎたころからです。

結論から言うと、ハノイの立ちんぼは「容姿レベルが非常に高い」です。

もしかすると、ベトナム最強かも…!?

申し訳ないことに、今回は立ちんぼの料金交渉などしていないので、写真のみの紹介になります。

じいこす
じいこす
疲れてなければ、確実にお持ち帰り交渉してました……

通行している男性に、営業をかけていますね。

見た目は、普通に可愛いです。

フリーなのか、お店に属しているのか、よくわからないです。

この日は、他に4人ほど、立ちんぼらしき嬢を見つけました。

この写真だと、車の先端にいる黒い服の女性が、2人ともそうです。

この女性は、スタイルもよくて、かなり綺麗です。

ポン引きらしき男性とも、ちょいちょい会話をしていました。

お店のスタッフ同士の仲なのか、顔なじみとしてなのか、判別がつきませんでした。

この写真の、白いブラウスにチェックのスカートの制服みたいな服を着ている子も、立ちんぼです。

この写真の、白黒のボーダーを着ている子も、立ちんぼです。

何人かに営業をかけていました。

この子は、非常に可愛かったです。

ただ、僕が見ていたところ、営業が成功した子は、一人もいなかったです。

じいこす
じいこす

これだけ可愛いのに、値段が高かったのかな……?

0:00になると警察がきて撤収になる

そしてそして、なんと0時になると、警察(?)が来て、オールドクォーターは「おひらき」になりました。

ハノイは社会主義の影響が濃いため、夜遅くまで遊んでいるのがダメみたいなんです。

笛を吹きながら「撤収!」みたいな感じで、人を追い払って行きます。

ホーチミンでは、こんなことはなかったです。

ハノイ独特の特徴ですね。

「撤収」が起こってからも、立ちんぼは、まだ立っていました。

もし立ちんぼを買うなら、この撤収が起こってから料金交渉を行うと、やりやすいかもしれないです。

立ちんぼをホテルに持ち帰る際の注意点

一つ気になるのが、「立ちんぼを買っても、ホテルに持ち帰れないかもしれない」ということです。

これは未確認なんですが、ベトナムでは「22時以降に、未婚の男女がホテルの部屋に一緒にいてはいけない」という法律があるそうです。

ただし、この決まりは、ホテルによっては免除のところもあるみたいです。

例えば、ホーチミンで僕が宿泊したホテルでは、22時以降でも、JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)を支払えば、お持ち帰りができることをホテルマンに確認しました。

しかし、ハノイは「撤収」の件もあるので、もしかするとホーチミンとは事情が違うかもしれません。

立ちんぼがいる以上、どこかに持ち帰ることは必ずできるでしょう。

しかし宿泊しているホテルではなく、ラブホ(?)などを使うことになるのかもしれません。

ハノイの街の特徴

その他、ハノイの特徴について感じたことを、ざっと紹介していきます。

ハノイ市内へはノイバイ空港から約1時間弱

ハノイの最寄りの空港は、ノイバイ空港です。

東京・大阪からノイバイ空港へは、直行便が出ています。

ノイバイ空港からハノイ市内までは、タクシーまたはバスで1時間弱で行けます。

ハノイ市内へのバスの乗り方については、以下の記事で詳しく紹介しています。

【ベトナム】ノイバイ空港からハノイ市内へ移動する方法!バス・タクシーの時間・料金・場所 僕は2019年7月に、ベトナムのハノイに旅行に行きました。 ハノイの最寄りの空港は、ノイバイ空港といいます。 ...

両替はATMがおすすめだがハノイ市内にはATMが少ない

僕の印象ですが、ハノイはATMが少なめでした。

そのため、ベトナムの現地通貨は、ATMを見つけたタイミングで両替しておくのがおすすめです。

例えば、ノイバイ国際空港にはATMがありますので、必要な分をそこで降ろしておいた方がいいです。

もちろん、街を歩いていればATMには出くわします。

しかし、ホーチミンのように「至る所にある」という感じではありませんでした。

下手すると、ATMまで10分くらい歩かないといけないくらいの感覚でした。

ちなみに僕は、海外で現地通貨に両替するときは、基本的にカードを使っています。

レートや手数料を計算すると、両替所よりもATMの方がお得で便利だからです。

海外での両替については、以下の記事で詳しく紹介しています。

⇒海外ATMで両替するメリット・デメリット!海外旅行に行くときに必携のカードを紹介!

ハノイの街はゴチャゴチャしている

ハノイの中心部である旧市街の地区は、位置的にいうと、ホアンキエム湖の少し上の区域になります。

全体的に、ハノイの街並みは、とてもゴチャゴチャしています。

同じような店が並んでていて、道が狭いのに、車・バイクの通行量は非常に多いです。

ただ、昔ながらの雰囲気が残っている、という感じで、散歩していると現地の人の生活感を感じ取れて楽しいです。

道端の露店が、いかにも東南アジアっぽくて、「うわー東南アジアだなぁー」って気分になります(笑)

ただ、ホアンキエム区という地区が湖の東にあって、この辺だけは道路も建物も整っていて、オシャレな雰囲気でしたよ。

 ホテルで地図をもらうのがおすすめ

ハノイに到着して、街の全体像をつかむのに、最も役に立ったのは、ホテルでもらった地図です。

といっても、この地図をもらったのは宿泊したホテルではなく、街を歩いていて見つけた、別の大きなホテルでした。

ハノイ市内でATMを探していて、ホテルの中にATMがないか聞いてみたところ、地図を出しくれて「ここにATMがある」とホテルマンに教えてもらったんです。

この地図は、ハノイ市内の見取り図がわかりやすく掲載されていて、おすすめの食事の店の名前も掲載されていました。

海外旅行の際には、大きなホテルに出向いて地図がないか、聞いてみるといいかもですね!(ガイドブックを買え、という声も聞こえてきそうですが…)

ホアンキエム湖の周囲は雰囲気がいいので散歩におすすめ

ハノイの観光スポットとして有名なのが、ホアンキエム湖です。

この辺りは、散歩するのにとても良い場所でした!

中央に出島があって、その周りがキレイにライトアップされていましたよ。

ホアンキエム湖は、特に何かあるわけではないんですが、カップルのデートに使えそうな、歩いていて雰囲気が良いところでした。

夜の21時ころに湖の周囲を歩いてみたんですが、観光客も地元の人も、非常に多かったです。

ちょっと縁日みたいな雰囲気があって、露店も出ているので、ジュースを飲みながらゆっくり散歩できました。

歩くのに疲れたらベンチに腰かけて、ぼーっとするのも楽しかったですよ!

ハノイの夜遊び・風俗店の情報

その他のハノイの風俗・夜遊び情報について、ざっくりまとめます。

ハノイのローカル置屋?

この情報が、今でも通用するのか不明なんですが、この地図のあたりにローカル置屋(?)があるみたいです。

本番なのか、マッサージ店(手コキだけ)なのかは不明です。

また、料金も不明です。

男性の口コミ
男性の口コミ

ハノイでのオススメの夜遊びはベトナムの価格で遊べるマッサージ(抜き有)がオススメです。ニッコーホテルから南に4kmのgiai phong(ザイフォン)通り、Ben xe GiapBat (ザッバットバスターミナル)付近にピンク色の怪しいお店が点在してます。

ハノイのVIPマッサージ(サウナ)

ハノイのエロマッサージは、VIPマッサージという呼び方です。

ただし、他の国のエロマッサージと違って、サウナがついていて、性サービスは手コキ&フェラのみです。

本番は、交渉すればOKかもしれませんが、基本的にやっていないようです。

僕は、ハノイで以下の2つのVIPマッサージ店に行きました。

じいこす
じいこす
モスクワ・サウナ・クラブの方がおすすめです!
【ベトナム】ハノイのVIPサウナ風俗・ブルービップマッサージ(Blue VIP Massage)を体験!女の子は可愛くなかった ベトナムのハノイには、エロマッサージの風俗施設があります。 それがVIPマッサージです。 Googl...
【ベトナム】ハノイVIPマッサージ「モスクワ・サウナ・クラブ」場所・行き方・料金・遊び方!ビキニ美女とキャッキャしてきた ベトナムの北の都市ハノイには、「VIPマッサージ」という風俗施設があります。 ハノイには、普通のマッサージ店もある...

まとめ

ハノイの夜遊び・風俗情報や、繁華街オールドクォーターについて、ざっと紹介してきました。

ハノイは夜遊びスポットに乏しいという評判でしたが、実際に行ってみると、「意外とあるぞ!?」という感じでした。

オールドクォーターでお酒を飲んでいるだけでも、けっこう楽しかったです!

ただ、0時になると警官が来て「撤収」になるのは、ちょっと驚きましたが(笑)

また、ハノイの立ちんぼのレベルは非常に高く、今度ハノイへ行ったらぜひ交渉してみたいです。

ただ、宿泊ホテルに22時以降は持ち帰れないかもしれないので、そこも含めてもう一度調査したいです。

ちょっと中途半端なレポートになりましたが、この記事がハノイ旅行のお役に立てれば幸いです!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST