台湾

台湾の旅行費用は全部でいくら?→夜遊び込み5泊6日で11万2千円くらい

こんな方に読んでほしい

台湾旅行の費用について知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

台湾旅行に興味が出て、「よし、台北に行ってみようー!」となったとき、

「予算って、どれくらい必要なんだろう?」

ということが気になりませんか?

台湾の夜遊びの相場って、日本よりは安いんですが驚くほど安いというわけではなかったです。

それに、どういう遊び方をするかによって旅行の費用は変わるので、一概に「いくら」という風には言えません。

とはいえ、それぞれの料金相場はあるので、それをもとに計算していくと、おおよその予算は事前に割り出すことができます。

ちなみに僕の場合は、食費や現地の移動費を含めて5泊6日で約80,000円ほど使いました。
これにホテル代(約1.2万)と飛行機代(約2万)を入れると、合計で約11.2万円です。

今回は、はじめて台湾へ夜遊びに行く方のために、実際に僕が使った費用を紹介してみたいと思います。

その他の台湾の夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

台湾の夜遊び・風俗情報・注意点まとめ 僕は2019年の12月に、初めて台湾の台北に旅行に行きました。 全体で5泊の滞在だったんですが、その短い期間の中で...

台湾の旅行費用

僕が初めて台湾に行ったときの旅程は、5泊6日でした。

それぞれの日で、使った料金を出してみます。

なお、元から日本円への計算は1元=3.6円としました。

1日目

主な内容:立ちんぼ・夜市

初日は、台北市内のカプセルホテルにチェックインしたあと、林森北路の立ちんぼで遊んだあと、夜市へ行きました。

ちなみにホテルは1泊2500円ほどの、近未来的なデザインの面白いカプセルホテルでアゴダで予約しました。

海外初めてのカプセルホテルでしたが、不都合は特に感じず、セキュリティも問題なくて気楽に過ごせました。

1日目台湾(元)日本円(×3.6)
パン40145.2
空港ー市内150544.5
ユニクロ7902867.7
夜市215780.45
電車2590.75
電車2590.75
電車2072.6
立ちんぼ400014520
チップ100363
コンビニ45163.35
小計541019638.3

初日の合計は、5410元、日本円で2万円いかないくらいでした。

ユニクロでシャツを買いましたが、日本と変わらない料金でした。
電車は安くて、気軽に使えました。

初日は空港で1万元ほど両替しておけば、十分に足りますね。

ちなみに台湾桃園空港の両替所よりも、ATMの方がレートがよかったです。

その記録や、海外の外貨両替に強いカードは以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

【2020年版】台湾(台北)のATMで両替・使い方を写真で解説・キャッシング手数料無料にする方法

2日目

主な内容:昼は有名店で小籠包、夜は立ちんぼ・夜市

2日目は、有名なお店に小籠包を食べに行きました。

夜は、1日目の立ちんぼがモヤモヤしたので、もう一度チャレンジして、そのあと夜市に行きました。

2日目台湾(元)日本円(×3.6)
電車2072.6
ごはん4511637.13
お茶21267717.38
電車2072.6
タピオカ55199.65
電車2072.6
電車2072.6
立ちんぼ400014520
ホテル5001815
夜市210762.3
コンビニ28101.64
小計745027043.5

小籠包の有名店「鼎泰豐 (ディン タイ フォン)」は、チャーハンと小籠包で1600円弱でした。

それから、台湾のお土産で有名な梨山茶を購入しました。
とてもおいしいお茶で「買ってよかったー」と心から思っています。

台湾に行くなら、ぜひお茶を飲むことをおすすめします。
僕は台北市内のお茶屋さんよりも、リーズナブルで親切なお店で購入しました。

3日目

主な内容:昼は食べ歩き・夜はサウナのあと、夜市へ

この日は、有名なお店でルーローハンを食べて、スペシャルなマッサージがあるサウナに行った後、夜市へ行きました。

3日目台湾(元)日本円(×3.6)
電車2072.6
ごはん100363
電車2072.6
スイーツ70254.1
ジュース50181.5
電車2072.6
サウナ420015246
バス2072.6
夜市250907.5
電車2072.6
おかし50181.5
小計482017496.6

台湾は食べ歩きに事欠かないというか、有名なお店が多くて、目移りします。


この日のデザートは「古早味豆花」で、ここは「孤独のグルメ」というテレビ番組に紹介されたお店らしく、とても美味しかったです。

サウナは、スペシャル込みで15000円ほどでしたが、台北の中ではコスパがとても良いと思います。

夜市は1000円もあれば、おなか一杯になります。

4日目

主な内容:置屋の後、九份に行き、帰りに夜市へ

この日は台北市内から、少し遠出しました。
基隆という町の置屋に行ってから、観光名所として有名な九份に行き、帰りに夜市に寄りました。

4日目台湾(元)日本円(×3.6)
電車2072.6
ごはん75272.25
電車2072.6
電車64232.32
ティッシュ45163.35
置屋15005445
お茶40145.2
バス30108.9
ごはん180653.4
バス80290.4
夜市175635.25
電車2590.75
コンビニ70254.1
小計23248436.12

この日の置屋はいわゆるローカル置屋で、台湾の遊びの中では格安です。

九份へはバス・電車・タクシーといった手段があり、僕は特急列車とバスで行きましたが合わせて350円ほどと激安です。

九份から台北市内への帰りも、夜市がある松山駅までバスで300円ほどでした。

台湾の公共交通機関は、本当に格安ですね。

5日目

主な内容:市内観光の後、夜市へ

この日は、観光名所として有名な台北101タワーと、透明なゴンドラで山頂に上がれる猫空に行き、夜市へ行きました。

さすがに連日で疲れてしまい、夜遊びは何もしていません。

5日目台湾(元)日本円(×3.6)
電車2072.6
ごはん65235.95
タピオカ55199.65
電車2590.75
電車30108.9
ゴンドラ120435.6
ウーロン茶230834.9
ゴンドラ120435.6
電車35127.05
ごはん140508.2
マッサージ10003630
小計18406679.2

この日飲んだタピオカは、今まで飲んだ中で一番おいしかったです。
タピオカが、まるで宝石みたいでした(笑)

それから猫空の山頂で飲んだウーロン茶も、とてもおいしかったです。
台湾は小籠包やタピオカなどいろいろな美味しい食べ物がありますが、僕はお茶が一番気に入りました。
本当においしいですね。

足のマッサージの料金は、東南アジア基準で考えると安くはないですが(タイならこの半額くらいです)、「ザ・ツボ押し」って感じで、めちゃくちゃ気持ちよかったです。

一日満喫して7000円なら、コスパは良いかと思います。

6日目

主な内容:帰国のみ

この日は日本への帰国日で、特に何もしていません。

6日目台湾(元)日本円(×3.6)
電車2072.6
電車150544.5
ごはん100363
小計270980.1

台北市内から桃園空港までは、600円弱で行くことができます。

朝9時30分のフライトだったので、最後の両替は台北市内の両替所ではなく、普通に桃園空港内の両替所を利用しようと思っていました。

ですが、見つからずに出発ゲートまで行ってしまったので、結局、関西国際空港についてから、元を日本円に両替しました。

  • 桃園空港 元→日本円 SELL:0.27890
  • 関西国際空港 元→日本円 SELL:0.24769(1÷4.0372)10000元を両替した時の差=2789.0-2476.9=312.1円

これを比較すると、1,000元あたり31.21円の差があるということですよね。

当然ですが、日本国内の両替所のレートは現地の空港よりも悪いですね。

まとめ

それでは以上の費用を、まとめていきます。

台湾へのフライト料金は、以下の通りです。

名古屋→台北桃園12,530円
台北桃園→関空6,990円
小計19,520円

往復で2万円をきりました。
関空から飛んでいたら、もっと安かったです。

現地で使った費用80,272円
ホテル代11,864円
フライト代19,520円
小計111,656円

合計すると、現地で使ったお金が80,272円+ホテル代11,864円+飛行機代19,520円=111,656円となりました。

台湾は夜遊び料金が安くないので、タイやベトナムなどの東南アジアの旅行と比べると、やや高くなった、という印象です。

なお、夜遊びのみの合計額は51,909円でした。

それを省くと、台湾の食べ歩き観光費用は、旅費宿泊費全て込みで5泊6日で59,747円となりました。

こんな感じだったので、よかったら台湾旅行の参考にしてみてください。

1円でも安く海外旅行のホテルを予約する方法

「1円でも安く海外旅行のホテルを予約する方法」を解説します。

多くの人は【海外ホテル・国内ホテル予約サイト】で有名なサイトを、そのまま利用しています。(僕も、何も知らない頃はそうでした…)

でも、その方法では、損をしてしまっているんです!

・agoda(アゴダ)

・Booking.com(ブッキング・ドットコム)

・Expedia(エクスペディア)

いずれも、世界30ヵ国以上でサイトを運営するオンラインの旅行会社です。

それらのサイトは有名ですが、「お得に利用できる方法」については、多くの人は知りません。

僕は、いつも「お得に利用できる方法」を活用しているので、溜まったポイントをAmazonギフト券に交換しています。

今まで、何万円も臨時収入を得られています!

というと、なんか怪しい言い方に聞こえるかもしれませけど、そういう話じゃないです(笑)

多くの人が知らない方法を、画像で詳しく解説しました!

RELATED POST