バンコク

【タイ】スワンナプーム空港からバンコク市内への行き方!エアポートレールリンクとMRT(地下鉄)の乗り方

こんな方に読んでほしい

スワンナプーム空港からバンコク市内への行き方を知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

ANA・JALといった航空会社でタイへ行く場合、飛行機が着陸するのはスワンナプーム空港になります。

タイには空港が2つあって、航空会社によって、以下のように使い分けられています。

  • ANA/JAL:スワンナプーム空港
  • LCL(格安航空会社):ドンムアン空港

この記事では、スワンナプーム空港からバンコク市内への行き方を紹介します。

初めてでも、簡単にバンコク市内までいくことができますよ!

スワンナプーム空港からバンコク市内へのルート

スワンナプーム空港からバンコク市内へ行くには、以下の方法があります。

  1. タクシー
  2. 電車(エアポートレールリンク⇒地下鉄)

この2つでは、電車を使う方が、圧倒的に安く行けるのでおすすめです!

それぞれの方法について、紹介していきますね。

1:タクシー

料金 300B~500B
時間 1時間~2時間

タクシーは、ホテルの前まで乗り換えなしで行けるので、楽なのがメリットです。

運賃は、300B~500B(1,050円~1,750円)が相場とのことです。

料金には、メーター+高速代が含まれます。
メーターを使わないタクシーは、ぼったくってくるので、必ずメーターを使うタクシーに乗りましょう。

タイのタクシー運転手は、基本的に英語が通じないので、行き先は地図を見せることになります。

タクシーは、おすすめしないです

僕の主観なんですが、タクシーはおすすめしません。

そのそも、バンコクでタクシーを使う機会は、滅多にありません。

他のサイトで「電車・バスは料金が安いが、非常に分かり難いため、余程の上級者でなければお勧めできません」と書いてありました。

いやいや、そんなこと全然ないです!!!

バンコクは、電車・バスといったローカルの乗り物が、かなり整備されています。

じいこす
じいこす
「発展途上の東南アジア」みたいな先入観は、全然古いですよ!

タクシーを使う必要があるのは、

  • 大人数で行く場合
  • たくさんの荷物がある場合
  • 空港への到着が深夜で、電車が止まっている場合

などですね。

1人でバンコクに行くなら、電車を使った方が圧倒的にいいですよ!

2:電車(エアポートレールリンク・地下鉄)

料金 約51B(179円)
所要時間 約1時間

スワンナプーム空港から電車を使う場合は、以下の2種類を乗り継いでバンコク市内に行きます。

  1. エアポート・レール・リンク
  2. MRT(地下鉄)

「乗り継ぐのは大変!」と思うかもしれませんが、実際に利用してみると、そんなに大変ではなかったです!

バンコクの電車はとても整備されているので、日本の電車と同じような感覚で使えます。

あと、電車の中は「盗難について心配」と思うかもしれません。

確かに、盗難の危険は、ないとは言えません。
でも、バンコクの治安は、そんなに悪くありません。

しっかり注意していれば、ローカルの乗り物でも、安全に使うことができますよ!

エアポート・レール・リンクについて

料金 市内まで35B程度
所要時間 市内まで30分程度
運行時間 5:30~000

スワンナプーム空港からバンコク市内へ行くには、空港から出ているエアポート・レール・リンクに乗ります。

空港からバンコク市内までは6駅ほどで、約30分で到着します。

エアポート・レール・リンクの運行時間

エアポート・レール・リンクの運行時間は、大体5:30~0:00までとなっています。

フライトが深夜便でない限り、心配はいらないですね!

エアポート・レール・リンクの料金

エアポート・レール・リンクの料金、乗る距離によって違います。

15バーツから45バーツですが、バンコク市内となる「マッカサン駅」へは35バーツで行けます。

エアポート・レール・リンクの乗り方

バンコク市内に行ける電車「エアポート・レール・リンク」は、スワンナプーム空港の地下から乗ります。

利用方法は、日本の地下鉄と同じような感覚です。

券売機でチケットを購入して、改札口を通過して、電車に乗ります。

券売機でのチケットの購入方法

券売機は、タッチパネルになっています。

目的地の駅をタップします。

今回は、バンコクの中心部「BTSアソーク駅」を目的地にしたいので、「マッカサン駅」を選びます。

マッカサン駅までは、35バーツです。

支払いは、硬貨だけでなく、紙幣も使えます。

黒い丸いプラスチックのチップが、チケットになります。

改札口では、チップをかざすと、通過できます。

ホームは、このような感じです。

このように、旅行者がたくさんいますので、治安はそんなに心配いらないです!

車内からの風景は、こんな感じです。

てっきりエアポート・レール・リンクは、地下鉄だと思っていたんですが、違っていました(笑)

マッカサン駅につきました。

バンコクの中心部のアソークに行くには、ここからMRT(地下鉄)に乗り換えます。

MRT(地下鉄)に乗り換える

エアポート・レール・リンク「マッカサン駅」からMRT「ペッチャブリー駅」までは徒歩です。

ペッチャブリー駅でMRT(地下鉄)に乗って、スクンビット駅に行きます。

そこが、今回の目的地です。

なお、スクンビット駅の側にあるのが、BTSアソーク駅です。

ナナ駅やプロンポン駅などに行きたい場合は、アソーク駅からBTS(バンコク・スカイトレイン)に乗る形です。

なんだか、言葉で説明するとややこしいですね。。。

まずはペッチャブリー駅へ

エアポート・レール・リンクのマッサカン駅に到着したら、次はMRT(地下鉄)のペッチャブリー駅に向かいます。

少しだけ離れているんですが、屋根がついていて、徒歩5分くらいで行けます。

こんな感じで、「M」と書いてある標識を参考に歩いて行きます。

迷うことはないと思いますよ。

ひたすら、標識の通りに歩いて行きます。

このような形で、ペッチャブリー駅に到着しました。

地下に降りて行って、そこで切符を買ってMRT(地下鉄)に乗ります。

MRT(地下鉄)

黒いラインで走っているのが、MRT(地下鉄)です。

ちなみに、緑のラインがBTS(バンコク・スカイトレイン)です。

この二つを組み合わせれば、バンコク市内の主要スポットに行くことができますよ!

MRTの運行時間は少し短い

運行時間 6:00~22:00時前

MRTは、運行時間が少し短いです。

駅にもよるので、ちょっと正確ではないんですが、終電は大体21時過ぎくらいと考えるのがよいです。

もし、MRTの駅に到着するのが22時を過ぎる場合は、タクシーを使う必要があります。

注意してくださいね!

MRTの乗り方

MRTの切符の購入方法は、エアポート・レール・リンクと同じです。

券売機で、行きたい場所を指でタップします。

料金は、16バーツです。

お札を使うこともできます。

プラスチックの黒くて丸いチップが、MRTの切符になります。

チップを券売機にかざします。

あとは普通に乗車するだけです。

ペッチャブリー駅から1駅で、スクンビット駅につきました!

すぐそばには、BTSのアソーク駅があります。

このような流れで、スワンナプーム空港から、バンコク市内の中心部アソーク(スクンビット駅)に到着しました!

まとめ

スワンナプーム空港からバンコク市内までの行き方をまとめます。

  • エアポート・レール・リンク:約30分・35バーツ
  • MRT(地下鉄):約2分・16バーツ

乗り換え時間を合わせると、約1時間ほどで空港からバンコク市内の中心部へ到着します。

料金は、合計で51バーツ(約179円)です。

非常に簡単にバンコク市内まで行けるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST