タイ

スクート(Scoot)でタイ・バンコクに行く時のチェックイン方法と注意点!

こんな方に読んでほしい

「はじめてスクートを利用してタイへ行くので、飛行機のチェックインの流れを知りたい!」という方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

僕はタイヘ遊びに行くとき、初めてスクートを利用しました。

関西国際空港からの出発だったんですが、実際にチェックインするときに「あー、ここは気を付けた方がいいなー」という注意点がありました。

そこで、この記事では、はじめてスクートを利用してタイへ行く方の参考になるような、スクートのチェックインの方法や注意点について、まとめてみました。

ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

その他のバンコクの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

タイ・バンコクの特徴・エロ風俗の種類・夜遊び感想・料金・注意点まとめ 海外で夜遊びというと、最初に思いつく都市が、タイのバンコクだと思います。 僕もバンコクはずっと気になっていて、20...

そもそもチェックインって何?

「そもそもチェックインって何?」ということから、さらりと紹介してみます。

僕の言葉で紹介するので、もし一般論と違っていたらすみません。

そもそもチェックインとは何かというと、「飛行機のチケットをもらうこと」です。

飛行機に乗るまでの流れ

ちょっとここで、飛行機に乗るまでの手続きの流れをみてみます。

以下の流れは、飛行機に搭乗する全員が行う必要があります。

  1. 飛行機を予約する
  2. 空港のカウンターでチェックインする
  3. 荷物検査をする
  4. 出国審査(イミグレーション)をする
  5. ゲートから飛行機に搭乗する

この中でいうと、2番の「予約した飛行機のチケット発券を行う」ことがチェックインになります。

そして、チェックインで受け取った飛行機のチケットは、4番の「出国審査」・5番の「飛行機に搭乗する」ときに必要になります。

スクートでチェックインする実際の流れ

それでは、チェックインを含めた飛行機搭乗までの流れを紹介していきます。

以下は、関西国際空港からタイ・バンコクへ行くときの、スクートの流れです。

1:飛行機を予約する

まずは飛行機の予約ですね。

僕は6月に、4泊5日でバンコクに行きました。

飛行機の料金は合計で、なんと26,622円!

じいこす
じいこす
思っていたより、ずっと安かったです!

飛行機のチケット予約を格安で行う方法については、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

海外旅行の飛行機とホテルを格安で予約する方法 まだ一度も海外旅行に行ったことがないなら、「飛行機と宿泊の予約は、旅行代理店でするんだよな?」と思っていることでしょう。...

2:空港のカウンターでチェックインする

空港に到着したら、チェックインをするためにスクートのカウンターへ向かいます。

関西国際空港の場合、スクートのターミナルは1です。

このように、空港へ行くときは、スクートのターミナル番号を調べておいてください。

空港のホームページに行くと、出発する便のターミナル番号が書いてあります。

空港の掲示板でスクートの受付カウンターを調べる

空港には、たくさんのカウンターがあります。
関空の場合は、AからHまでありました。

この日のスクートのカウンターはHでした。
これは、空港にある掲示板を見ればわかります。

チェックインのカウンターは混む

受付カウンターには、同じ飛行機に搭乗する乗客が、列を作って並んでいます。

じいこす
じいこす
乗る便の詳細が張り出されているので、並び間違えることはないと思います!

このように大勢並んでいるので、けっこう時間がかかります。
後述しますが、空港には早めに到着する必要があります。

チェックインはパスポートのみでOK

スクートのチェックイン方法ですが、受付でパスポートを渡すだけです。
そうすると、飛行機のチケットを発券してくれます。

じいこす
じいこす
飛行機の予約番号は、必要ありませんでした。

スクートで予約したときに、「旅程表は必ず印刷頂いた上で当日空港チェックインカウンターまでお持ち下さい」というメールが届いたんですよね。

「ふーん、そうなのかー」って思ったんですが、まったく必要ありませんでした。

パスポートの中にICチップがあるので、そこに必要なデータが入っているのかもしれません。

ということで、スクートのチェックインの方法は、パスポートを提出するだけでOKです。

3:荷物検査をする

チェックインの次は、荷物検査です。

ライターや液体など、持ち込み禁止の荷物は、ここで没収されます。

僕は以前、ここで痛い目にあったので、以下の記事を参考にして、荷物検査で没収されないように気を付けてください。

ヘアワックスは飛行機に乗るとき預けるの?没収された体験談と正しい預け入れの方法 海外へ旅行するとき、髪形を整えるヘアワックスやヘアスプレーなど、スタイリング剤を持っていきたいですよね。 その時に...

4:出国審査(イミグレーション)をする

荷物検査のあとは、出国審査(イミグレーション)です。

パスポートと飛行機のチケットを出して、パスポートにハンコを押してもらいます。

このハンコがきちんと押されていないと、現地の警官に職務質問されたときに面倒くさいみたいです。

なので、しっかりハンコが押されているか確認するのが大事です。

5:ゲートから飛行機に搭乗する

イミグレーションを抜けたら、あとは出発時間まで自由です。
イスがたくさんあるので、そこで搭乗時間が来るのを待ちます。

ちなみに関空は、中にコンビニがあります。
値段も普通です。

ところが、タイのドンムアン空港の出発ゲート(イミグレ後)には、コンビニがありません。
売店はありますが、値段が高かったです。

なので、食べ物は市内で買って空港に行くのがおすすめです!

じいこす
じいこす
飲み物は荷物検査で没収されるので、食べ物だけですよ

搭乗ゲートでは、時間になるとアナウンスがあるので、順番にチケットを渡して、飛行機に搭乗します。

スクートの飛行機に搭乗する

スクートの座席はせまい

ちなみに、スクートのような格安航空会社(LCC)は、機内の中が狭いです。

じいこす
じいこす
まるで新幹線のような窮屈な座席です…

テレビやラジオはないですし、機内食やドリンクサービス、プランケットなどは有料になります。

関空~タイ・ドンムアン空港のフライト時間は、5時間45分くらいでした。

ネットもつながらないので、時間をつぶすために本やゲーム(iPad)などがあるといいですね!

スクートのCAの制服は地味w

スクートのCAの制服は、黒と黄色のカラーです。

ちょっと地味ですね。
同じLCCでも、エアアジアの制服は、赤で素敵なんですよねー!

って、まぁ、どうでもいいですね、すいません(笑)

スクートのウェブチェックインについて

さて、ここまでで、チェックインから飛行機に乗るまでの流れを紹介してきました。

チェックインは、実はウェブからでも行うことが可能です。

わざわざ長い列に並ばなくて済むので、受諾手荷物がないならウェブチェックインがおすすめです。

以下、スクート公式サイトより引用します。

ウェブチェックインの利用時間

出発時刻の72時間前から1時間前

ウェブチェックインが可能なフライト

現在、シンガポール、インド、ソウル、ベルリン、日本出発の直行便フライトのみウェブチェックインが可能です。

ただし、乗継ぎ便が含まれている場合は、ウェブチェックインは利用できません。

ウェブチェックインを利用できる人

ウェブチェックインを利用できるのは、以下の人です。

  • シンガポール発のスクート便にご搭乗のお客様
  • 個人またはグループのお客様(旅行代理店予約を除く)
  • 機内持込手荷物のみのお客様
  • お荷物をお預けになるお客様
  • Flyscoot.com、スクートコールセンター、外部の旅行ウェブサイト(エクスペディアなど)でご予約のお客様

ウェブチェックインを利用できない人

以下の場合は、ウェブチェックインができないので、空港で並ぶ必要があります。

  • 特別なお手伝いが必要なお客様(車いす、妊娠中、視覚・聴覚障がいのあるお客様、追加シートが必要なお客様、楽器をお持ちのお客様など)
  • 幼児をお連れのお客様
  • 大人の同伴がないお子様
  • 乗継便が複数あるお客様
  • スタンバイまたは社員利用のご予約
  • 隣席購入サービスをご購入のお客様
  • 隣席購入サービスリクエストの確認待ちをされているお客様

スクートのチェックインの注意点

続いて、スクートのチェックインの注意点を紹介します。

最低でも2時間前には空港に入ること

チェックインの受付時間は、飛行機が出発する3時間前から1時間前です。

くれぐれも、余裕こいて「空港へは1時間前にでも、ついてりゃいいっしょ(笑)」みたいなことは、しないでくださいー!!

じいこす
じいこす
それだと、飛行機に乗れません……!

ですから、飛行機が出発する2時間前くらいが、空港に到着するベストだと思います。

搭乗口は20分前に閉鎖する

搭乗口は、出発時間の1時間前に開き20分前に閉鎖します。

この時間内に搭乗口に行かないと、飛行機に乗れません。
ショッピングに気を取られないよう気を付けて!

受託手荷物は事前に予約を!

スクートのようなLCCは、飛行機のチケット料金が安い分、受託手荷物料金が有料になります。

もし荷物を預ける場合は、必ず事前に予約しておいてください。
当日だと、料金が高くなります。

じいこす
じいこす
関空~バンコクの場合、往復20kgで6,600円でした。

タイのドンムアン空港の場合、受諾手荷物は自分で運ぶ

受諾手荷物(機内預け入れ荷物)がある場合は、日本ではチェックインの時に預けます。

しかし、タイのドンムアン空港では少し方法が違ったので、ここで紹介しますね。

まず、受付で日本と同じようにチェックインを行いました。

すると、受付のお姉さんが英語で「荷物は自分で運んでください」と言いました。

受付のすぐそばに、荷物を預けるためのベルトコンベアがあります。

ここまで、荷物を自分で運ぶ必要がありました。

タイ人スタッフはスマホでゲームをしていて(自由奔放すぎるw)、「ほんとに、ここでいいのか?」と一瞬戸惑いました。

このように、日本とタイでは受諾手荷物を預ける方法が少し違うので、注意してくださいね。

まとめ

スクートのチェックイン方法は、パスポートさえあれば大丈夫です。

空港へは出発時間の2時間前には到着して、搭乗口へは20分前までに到着してください。

受託手荷物がある場合は、事前に予約しておきましょう!

それでは、良い空の旅を!(機内アナウンス風に)

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST