タイ

バンコクのタラート・ロットファイ・ラチャダーの行き方・帰りのタクシー注意点!タイの女の子にチムチュム鍋を案内してもらった

こんな方に読んでほしい

バンコクのナイトマーケット「タラートロットファイ・ラチャダー」の行き方や注意点を知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

タイのバンコクで、有名なナイトマーケットが

タラート・ロットファイ・ラチャダー

です。

タラートは(市場)、ロットファイは(電車)という意味で、「ラチャダー鉄道市場」とも呼ばれていますね。

最近では、「インスタ映え」の有名スポットして話題なので、僕もバンコクに旅行したときには、ぜひ行ってみたいと思ってました!

そして実際に、タイの現地の女の子に案内してもらって、マーケットでの注意点なども教えてもらいました。

そこで今回は、タラート・ロットファイ・ラチャダーの行き方や注意点、それから僕の感想を紹介していきますね!

その他のバンコクの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

タイ・バンコクの特徴・エロ風俗の種類・夜遊び感想・料金・注意点まとめ 海外で夜遊びというと、最初に思いつく都市が、タイのバンコクだと思います。 僕もバンコクはずっと気になっていて、20...

タラート・ロットファイ・ラチャダーの行き方・最寄り駅・営業時間

最寄り駅 MRT(地下鉄)タイカルチャーセンター駅

営業時間 17:00ころ~0:30ころ

所要時間 アソークから15分くらい

タラート・ロットファイ・ラチャダーへの行き方ですが、MRT(地下鉄)を使うのが、最もわかりやすいと思います。

最寄り駅のタイカルチャーセンター駅は、バンコクの中心地となるアソークから、わずか3駅!

乗車時間は、15分くらいでした。

マーケット自体も、駅から歩いてすぐなので、タラート・ロットファイ・ラチャダーへは、バンコク市内からすぐに行けますよ!

実際の営業時間は0:30くらい

ちなみに営業時間は、公式サイトでは「月~日、17:00~01:00」とありましたが、実際には0:30ころから屋台の撤収が始まっていました。

ただ、併設しているクラブは、もっと遅くまでやっているかもしれません。

タイカルチャーセンター駅へは、MRT(地下鉄)スクンビット駅から3駅

先ほど、「アソークから3駅」と言いましたが、正確にいうと「スクンビット駅から3駅」です。

ややこしいんですが、アソークには、以下の2つの駅があります。

  • BTS(バンコク・スカイトレイン):アソーク駅
  • MRT(地下鉄):スクンビット駅

上の路線図でいうと、

緑色:BTS(バンコク・スカイトレイン)
青色:MRT(地下鉄)

です。

ですので、アソーク周辺からタラート・ロットファイ・ラチャダーに行くには、MRT(地下鉄)のスクンビット駅を利用してください。

BTSアソーク駅のすぐそばに、MRTスクンビット駅があります。
駅同士は繋がっていませんが、歩いてすぐの場所にあります。

MRT(地下鉄)の乗り方

こちらが、スクンビット駅の入口です。

MRTは地下鉄なので、下に向かうエスカレーターがあります。

ちなみに、BTSは頭上を走る電車なので、アソーク駅は階段の上にあります。

タイの地下鉄は、ちゃんと整備されています。

とても利用しやすいので、タイ語が分からなくても、ぜんぜん大丈夫です!

券売機で目的地を選定して、お金を入れます。
スクンビット駅からタイカルチャーセンター駅までの運賃は、21Bです。

すると、このようなプラスチック製の黒いコインが出てきます。

これがMRTのチケットになります。

改札を通るときは、このコインをタッチするだけです。

あとは、電車が来たら、普通に乗車します。

電車の中で、降りる駅のアナウンスが英語で入るので、聞き逃さないでくださいね。

電車を降りて改札を通るときは、コインを入れます。

見えますかね?

あそこにコインを入れて、改札を抜けます。

このように、MRTに乗るのは、簡単ですよ!

駅からロットファイ・ラチャダーへは歩いてすぐ

タイカルチャーセンター駅からマーケット内へは、歩いてすぐです。

エスカレーターを上がって、人の流れに沿って歩いていたら、いつの間にか到着します。

いちおう、公式サイトからも、以下引用します。

MRTのタイカルチャーセンター駅(Thailand Culture Center)で下車、3番出口を左。Esplanade(エスプラネード)ショッピングセンターをそのまま抜けると目の前に市場があります。(エスプラネードの裏に位置します)

出典:https://www.thailandtravel.or.jp/train-night-market-ratchada/

タラート・ロットファイ・ラチャダーからの帰りはタクシー

MRT(地下鉄)の終電は早い

MRTの終電は、22:30くらい

バンコクのMRTの終電って、早いんですよね。

ちなみに、スクンビット駅からの最終電車は、22:40くらいでした。

ですので、タラート・ロットファイ・ラチャダーでナイトマーケットを楽しみ、帰る時間が22:30を過ぎた場合は、終電がありません。

その場合は、タクシーで帰ることになります。

タクシーは、ぼったくりに注意

タクシーの適正価格:初乗り35バーツ

タラート・ロットファイ・ラチャダーからタクシーでバンコク市内に帰るときは、ぼったくりタクシーに注意してください。

タラート・ロットファイ・ラチャダーは観光地なので、終電を逃した外国人観光客を狙った、ぼったくりタクシーが、駅前の道路にたくさんいます。

タクシーを選ぶときは、運転手に「メーター?」と確認してください。

初乗りで、35バーツが適正価格です。

僕が帰るときは、1台目が300バーツ、2台目が200バーツと言われて、3台目でメーター35バーツでした。

なお、アソークまでの運賃は、63バーツでした。

タラート・ロットファイ・ラチャダーの注意点

インスタ映えで有名なナイトマーケット撮影は21:00すぎまでに現地へ

出典:Google

タラート・ロットファイ・ラチャダーは、インスタ映えで有名な観光地です。

上の写真は、タイカルチャーセンター駅すぐ近くのデパート「エスプラナード・ラチャダー」4階または5階の立体駐車場から撮影できます。

ただ残念なことに、僕が行ったときはデパートの営業時間が終わっていました。

デパートは22:00には閉まるみたいなので、写真を撮影したい方は、遅くとも21:00には現地に到着するのがいいと思います!

スリに注意

僕は、現地のタイの女の子にタラート・ロットファイ・ラチャダーを案内してもらったんですが、「スリに注意してね」と言われました。

その女の子は、何度かスリに遭った、ということでした。

もしリュックを持つなら、身体の前に持つのがいいみたいです。

僕は、肩からかけるバッグを持っていて「これなら大丈夫」とのことでした。

トイレは有料

タラート・ロットファイ・ラチャダーのトイレは、有料です。

3バーツ(約10円)を、入口のお姉さんに渡します。

紙が必要な場合は、5バーツでした。

これは、仕方ないと思って、素直に払いましょう(笑)

タラート・ロットファイ・ラチャダーの感想

それでは、僕の感想です。

「ナイトマーケットで有名な、ロットファイに行きたい!」と女の子を誘って、案内してもらいました(笑)

ただ、時間が22時を過ぎていたので、電車がなんと最終でした!

「ギリギリだったねー!」といいながら、バンコク市内から15分ほどで現地に着きました。

残念ながらインスタ写真が撮影できるデパートは閉店時間だったので、そのままマーケットを回ります。

23:00なのに、けっこう人が多いです。

クラブっぽい音楽も、鳴り響いていますね!

広すぎて、何があるのか全容がつかめないです(笑)

ぶらぶらと、縁日みたいな気分で散歩をしていました。

タイ:イサーン料理「チムチュム鍋」がすごくおいしかった

ロットファイマーケットの中には、屋台がたくさんありました。

その中で、僕たちが入ったのは、タイスキを出してくれる屋台です!

タイの東北部にはイサーン地方という、田舎があるそうです。

そのイサーンの有名な料理として、ソムタム(パパイヤのサラダ)があります。

その他に、今回食べたチムチュム鍋という田舎料理があります。

チムチュム鍋は、スープが入った茶色の壺の中に、豚や鳥の肉・ホルモン、魚介類、そしてタイの香草を入れて食べる鍋料理です。

チムチュム鍋の食べ方

まずは、どーんと壺と炭がきました。

そして、具材がきました!

すごい量です!

壺の中には、スープがたっぷり入っています。

下は、アツアツの炭があります。

汗をかくくらい暑いです!(笑)

女の子が、うまいこと鍋奉行をしてくれます(笑)

肉と草は、どんどん入れていって、フタをします。

ハルサメは、溶けるので入れない方がいいそうです。

火力がけっこうすごくて、ボコボコに沸騰!

このチムチュム鍋、すごくおいしかったです!

味はあっさりしているんですが、タイの香草が複雑な旨味を持っているんです。

ほんと野菜が美味しかった!

ちなみにこちらは、シーフードのソムタム(パパイヤ・サラダ)。

これは、磯臭い!

臭すぎて、僕はダメでした。

女の子も、「これはキツイ」というくらい臭かった!(笑)

食べていたら、時間が0:30になり、お店が片付けてを始めていました。

営業時間は1:00までと思っていたんですが、実際には0:30ってところですね。

短い時間でしたが、楽しかったです!

お会計は、飲み物のジュースと合わせて、2人で688バーツ(2408円)。

これは安いと思います!

美味しかったので、また来たら食べたいですね!

でも、場所が広すぎて、どこだったか、正確な位置がわからないですー(笑)

まとめ

タラート・ロットファイ・ラチャダーのマーケットは、バンコクの中心地アソークから、地下鉄でわずか3駅で行くことができます。

マーケットはとても広いので、全部を回るのは大変だと思いますが、縁日みたいでブラブラしているだけでも楽しいです!

地下鉄の最終は22:00過ぎなので、遅くなるならタクシーを使って帰ります。

その際は、ぼったくりが横行しているので、きちんと交渉してから乗車してくださいね!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。


中折れせず連続で発射するコツや、おすすめの精力剤(ED治療薬を使わずに健康的に目的を達成する手段)について、写真付きで詳しく解説しています。

【写真あり】40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

RELATED POST