ベトナム

【ベトナム】ラオカイの女の子がいるカフェに行ってみた(昼間から夜遊び可能)

こんな方に読んでほしい

ラオカイのカフェに美女がいるか知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

僕は2020年の2月にベトナムのラオカイに行きました。

ここは格安の置屋街(カフェ街)があるという有名な街なので、一度は来てみたいと思っていました。

今回は、ラオカイの女の子がいるカフェの昼の様子を紹介します。

ラオカイのカフェの場所

時間 昼から夜まで
ショート料金 30万ドン(約1500円)
チップ 不要

ラオカイのカフェ街=置屋街は、小さくまとまっています。

ラオカイスターホテルから、歩いて10分くらいの場所にあります。

昼間(14時くらい)に行ったところ、営業していました。

ただ、閉まっているお店が多かったです。

女の子がいて空いているお店は、10件もなかったです。

女の子はスマホを見ていて、なかなか顔を確認するのが難しいですが、可愛い子はいました。

ただ、向こうからの営業が殆どないので、こちらから声をかけないと顔を上げてくれない感じです。

ですので、なかなかハードルが高いな、と感じました(笑)

じいこす
じいこす
勇気をもって、笑顔で声をかけるのがコツかもしれないです!

ラオカイの女の子と遊んだ体験談

それでは僕の体験談です。

14時ごろに、カフェの通りを歩いて様子を見て回りました。

この時間でも、ボチボチ女の子がいました。

基本的にこちらに余り関心を持たずに、スマホをいじっている感じでした。

「なかなかこれは入りづらいな…」と思っていたんですが、ママさんらしき女性が「お兄さん、見ていってー」みたいな感じで声をかけてくれました。

5人くらいの女の子がいて、「どうしようかなー?」という素振りで近づいていきました。

割とかわいい女の子が2人いて、そのうち1人の女の子は自分が入るのが嫌みたいで「この子に入れ」みたいな感じで、隣の子を指差してました(笑)

「こういう子は、いくら可愛くても選ばない方がいいよなぁ…」と、思いつつ様子を見ていました。

すると、まぁまぁ可愛くて愛想の良い子が、僕の腕を組んで「さぁ部屋に行くよ!」みたいな感じで僕を引っ張っていきました。

僕もそのまま身を任せて、目の前のラブホテル(ニヤギ)へ入りました。

部屋の中は割と綺麗

部屋の中は、広めのベッドがあってシャワーとトイレは狭かったです。

でも、普通に遊ぶだけなので、十分に綺麗だと感じました。

女の子は割と愛嬌がよかったんですけど、言葉が全く通じない感じなので、言語でのコミニケーションは基本的に取りませんでした。

ちなみに20才とのことでした。

最初に女の子がトイレでおしっこをして、その後に全裸になりました。

僕にシャワーを促してこなかったので、自分からシャワーに入りに行きました。

シャワーはトイレと合体していて、狭くて全身を浴びるような感じではなかったので、性器周りだけ洗いました。

部屋に戻ると女の子は全裸でベッドで布団にくるまって、スマホをいじってました。

多分「アタリ」に該当する女の子だった

プレイ内容としては、ラオカイは「完全塩対応」の覚悟だったんですが、意外とそうでもない、という内容でした。

まずは女の子の横に寝て、どんな感じで進むのか僕が様子を見てました。

すると、女の子が横に寝たまま、控えめの手コキから入ってきました。

僕は肩を撫でてみましたが、特に拒否はなく、おっぱいを触っても大丈夫でした。

大きくなったらフェラは無しで、そのまま女の子が持っていたゴムをつけました。

カモン、と言う感じで正常位で挿入するよう促され、挿入しました。

キスとかはせずに、普通に正常位だけで突きました。

ゆっくり動かしていると、女の子は途中で気持ちよさそうに声を出してくれたり、自分から腰を動かしたり、僕の乳首をちょっと手で触ってくれたりなど、けっこう積極的な感じでした。

じいこす
じいこす
ベトナムの女の子は積極的なセックスをする子が多いです!

この女の子は愛嬌が良かったので、多分「アタリ」の部類に入ると思います。

僕は積極的に攻めはしなかったんですけど、いろいろやろうと思うとできたと思います。

フィニッシュした後は、女の子はシャワーをせずにそのまま着替えました。

「衛生的に大丈夫なのかな?」と少し心配に思いつつ、僕もシャワーを浴びずにティシュで拭いて着替えることにしました。

服を着て部屋を出て、「どこでお金を渡すタイミングなのかな?」と思っていました。

今回は、ドーソンのようにニャギに支払うのではありませんでした。

【ベトナム風俗】ドーソンで夜遊びする方法!幻の岬ドーソンの特徴・相場・遊び方・注意点まとめ ベトナムの風俗・夜遊びについて調べていると、必ず出くわすのが「幻の岬ドーソン」という言葉です。 ドーソンはベトナム...

なんと、カフェの女の子たちがたくさんいる場所まで2人で戻ってから、そこで女の子に直接支払う形でした。

普通に他の女の子もいるので、ちょっと気まずかったです(笑)

でも、向こうは慣れっこで、何にも気にしてない感じでした。

たた、あそこでお金のやり取りをするのは、あまり雰囲気が良くないかなぁ?と感じました。

なるべく、ぴったりのお金を用意してから、こちらに出向いた方が良いと思います。

まとめ

ラオカイのカフェには、昼間から美女はいました。

でも、基本的に女の子はスマホを見ていて、あんまりこっちにアクションかけてこないです。

ですので、遊ぶのに少しだけハードルが高いなぁ、という印象でした。

とはいえ、強めの営業があるより、この方が遊びやすいかもですね。

昼間から営業はしていたので、さくっと遊ぶのにいいと思います。

笑顔で声をかけるのが、ポイントかと思います!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。


中折れせず連続で発射するコツや、おすすめの精力剤(ED治療薬を使わずに健康的に目的を達成する手段)について、写真付きで詳しく解説しています。

【写真あり】40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

RELATED POST