バリ島

バリ島の夜遊び「番号置屋」の風俗に突撃レポ!女の子も雰囲気も田舎臭かった

こんな方に読んでほしい

「バリ島の置屋って、どんな感じなの?」ということが気になる方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

バリ島へは、夜遊び目的で旅行する方は少ないんじゃないかと思います。

というのも、バリ島のエロ風俗は、インドネシアの首都ジャカルタと比べて、それほど満足度が高くないからです。

置屋(おきや)という、本番アリのエロ風俗がバリ島にもあるんですが、正直、イマイチでした。

ということで、この記事では、バリ島の置屋に行った体験談を紹介します。
ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

その他のインドネシアの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

インドネシア・ジャカルタの特徴・エロ風俗の種類・夜遊び感想・注意点まとめ 僕は、2018年7月に、自身初の海外旅行となるインドネシア共和国の首都であるジャカルタに行ってきました。 ...

バリ島の置屋のシステム

営業時間 19:00くらいから
料金 1発:35万ルピア前後
チップ 最大5万ルピア

最初に、バリ島の置屋のシステムについて紹介します。
置屋を利用する流れは、以下の通りです。

利用のながれ
  1. 女の子がひな壇に並んでいる
  2. いい子がいたら、お兄さんに伝える
  3. お兄さんにお金を払う
  4. 女の子と別室に移動する
  5. シャワーを浴びる
  6. セックスする
  7. チップをあげてバイバイ

バリ島の置屋は10代後半~20代前半の子が多い

海外風俗のいいところは、実際に女の子を目で見て選べるところです。

バリ島でもこれは同じで、バリ島の置屋では女の子を実際に見て選ぶことができます。

パネルマジックがないので、目で見ていい女の子がいなければ、お金を払わずに立ち去って大丈夫です。

バリ島の置屋の女の子の容姿レベルは、「そんなに高くもなく、引くくもなく」という感じです。

ただ、見た感じ10代後半から20代前半の女の子が多く、選べないような子の割合は少なかったと思います。

バリ島の置屋は殺風景

バリ島の置屋は、大きなビルみたいな建物の中にあるのではなく、「民家のはなれ」みたいな感じで存在していました。

ド田舎の住宅街の中に、突然、女の子がたむろしている一軒家がある、という感じです。

じいこす
じいこす
「どローカル」っていう感じです。

この女の子がいる部屋は、まるで「小屋」でした。

コンクリートでできた殺風景な小屋の中に、ひな壇が作られています。

女の子は、そのひな壇に座って、だいたいスマホを見ています。
その姿は、まるでオリの中の動物のようでした。

バリ島の置屋は、いかがわしい雰囲気は(そんなに)ないんですが、逆にいやらしい色気もそんなに感じなかったです。

大きなガラスで中の女の子をチェック

この小屋には、部屋の中がのぞける大きなガラス備え付けられていて、男性客はそこから女の子をチェックできます。

ガラスはマジックミラーにはなっておらず、女の子からもこちらが見えるようになっています。

でも、女の子は、ほとんどこちらを気にしている様子がなかったです。
こちらに目線を合わせたり、笑顔でアピールしてきたりということはなく、淡々としている印象です。

じいこす
じいこす
「何歳からこんなことをしているんだろう?」と思いました。

バリ島の番号置屋の場所

バリ島の番号置屋は、バリの中心部であるクタから少し離れたところにあります。

クタから、タクシーで30分くらいだったと思います。

出典:Google

番号置屋への行き方ですが、道路沿いのサークルKが目印です。
この左の路地を奥に入っていくと、置屋が3件くらいあります。

夜は、こんな感じです。

治安について不安になると思いますが、悪い感じではなかったです。

断定はできないですが、夜1人で歩いていても、襲われる危険は少ないんじゃないかと思いますよ。

路地を進んでいくと……

「18×」という数字が見えますね。

この数字は番地みたいなもので、数字の後ろに×がついていると、置屋の印になるみたいです。

ただ、×がついていても、営業してない置屋もありました。

このように、田舎の民家が並んでいる住宅街の中に、バリ島の置屋ははあります。

番号が振っているので、バリ島の置屋は「番号置屋」と呼ばれているみたいです。

バリ島の置屋の体験談

それでは、バリ島の置屋の体験談です。

結論からいうと、バリ島の置屋は、安いけど充実感は低めでした。

完全にエロ風俗だけで見たら、バリ島よりもインドネシアの首都ジャカルタの方がよかったです。

とりあえず女の子を選ぶ

まずは、ひな壇から、そこそこかわいい女の子を選びました。
この時は、10数人くらいの女の子がいました。

お兄さんに35万ルピアを渡すと、女の子が部屋から出てきました。
僕から挨拶したんですが、なんか、愛想があまりないというか、ぶっきらぼうな感じでした。

置屋の付近にはヤリ部屋がいくつかあるみたいで、その中の1室に案内されました。

ヤリ部屋は狭いコテージと言えばいいのか、ひと部屋貸し切りなので、その点は「意外と贅沢だな!?」って僕は思いました。

部屋の中に、クーラーはありません。
おおきなベッドと、シャワーがあります。

あ、シャワーというか、水道でしたね。。。

もちろん、お湯は出ません。
こういうところがローカルですよね(笑)

ただ、僕はジャカルタで世界最底辺の「線路置屋」を体験した後だったので、このバリ島置屋の環境は「むしろ良いじゃん!」と思ってましたよ(笑)

ジャカルタの線路置屋(ロイヤル)がいろんな意味すごかった!女の子は原始人レベル 僕はインドネシアの首都、ジャカルタで海外風俗デビューをしました。 ジャカルタでは、いろんな風俗に行ったんですが、そ...
じいこす
じいこす
汗をかいていたので、水(だけの)シャワーが気持ちよかったです!

ただ、シャワー周りにタオルがしいてないので、床が砂ジャリまみれなんですよ。

そのため、ベッドにいくまでに足がジャリジャリになって、それが気持ち悪かったです(笑)

まるでオナホール(笑)

ベッドで軽く女の子と話しをしたんですが、英語を話せないので、Google翻訳を使って、カタコトでの会話です。

チャンティーク(可愛い)とかテリマカシー(ありがとう)とか言っていたら、「かっこいい」と言ってくれました(笑)

そうやって、最初に多少なごんではみたものの、セックス自体は非常に淡泊なものでした。

というか、女の子はマグロだし、こちらもあまり攻める気がしないので、ササッと入れて、動かして、出して、終わり、みたいな感じになりました。

とりあえず1発出して、チップで3万ルピアを渡しました。

「少ない」と、少し不満そうな顔をされましたが、あげすぎるのは良くないので、これくらいでいいと思います。

終わった後、道路そばのサークルKでジュースを買って飲んでいたら、一緒にいった知人も戻ってきて「あれはオナホールやで」と言っていました。

じいこす
じいこす
インドネシアはマグロの子が多かったです

まとめ

バリ島の番号置屋は、格安で本番ができるエロ風俗です。

ただ、女の子のサービスは受けられないと思った方がいいので、充実感はそんなに期待しない方がいいですね。

夜遊び目的でバリ島に行く方は少ないとは思いますが、もし興味があればサークルKを目印に番号置屋に行ってみてください。

バリ島の治安は悪くないので、満足度は高くないものの、安心して遊べましたよ!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ