ベトナム

【ベトナム】ハノイホテルで夜遊び!ナイトクラブで美女をお持ち帰り&ぼったくり被害の体験談

こんな方に読んでほしい

ハノイのナイトクラブでお持ち帰りした料金や体験談を知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

ベトナムのハノイには、夜遊びできるスポットがホーチミンと比べて少ないです。

ですが、ハノイにはベトナムで最高級の夜遊びスポットが存在します!

それが、ハノイホテルの「ハノイ・ナイトクラブ」です。

ざっくりいうと、ハノイホテルのナイトクラブは、こんなところです。

ハノイホテルのナイトクラブとは?
  • 4つ星ホテル内のバーで女の子を付けられる
  • 女の子のレベルが高い
  • 料金が超高い(総額4万円以上)
  • 持ち帰りOKなので高級ホテルの室内で濃厚な一夜を過ごせる
  • バーテンから、ぼったくり被害に遭った

ハノイホテルのナイトクラブは、コスパ重視の方にはおすすめできません。

特にバーテンから法外なチップを請求されたので、このことは未だにショックです。

でも、日本の高級ソープよりも安い料金で、セレブなセックスを体験してみたい方にはおすすめです。

この記事では、ハノイホテルのナイトクラブでベトナム美女をお持ち帰りした体験談を紹介します!

その他のベトナムの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

【ベトナム】ホーチミン・ハノイの特徴・風俗の種類・夜遊び感想・注意点まとめ 僕は2019年7月に、ベトナムの、ホーチミンとハノイへ夜遊びに行きました。 この記事では、ベトナムの南の都市「ホー...

ハノイホテルの場所と行き方

ハノイホテルは、ハノイ旧市街から少し西側に離れた場所にあります。

僕の場合、以下のルートでハノイホテルまで行きました。

  • ノイバイ空港⇒ハノイ駅:ローカルバス
  • ハノイ駅⇒ハノイホテル:grabタクシー

ノイバイ空港からハノイ駅までは、バスで約1時間10分です。
料金は35,000ドン(約175円)です。

バスの乗り方について詳しくは、以下の記事で解説しています。

【ベトナム】ノイバイ空港からハノイ市内へ移動する方法!バス・タクシーの時間・料金・場所 僕は2019年7月に、ベトナムのハノイに旅行に行きました。 ハノイの最寄りの空港は、ノイバイ空港といいます。 ...

ハノイ駅からは、grabタクシーでハノイホテルへ行きました。
料金は、46,000ドン(230円)でした。

なお、ホテルの部屋の中については、以下の記事で紹介しています。

【ベトナム】ハノイホテルで宿泊した体験談!朝食でだまされた 僕は、2019年7月にハノイに行きました。 ハノイで宿泊したホテルは、そのものズバリの名前「ハノイホテル」です。 ...

ナイトクラブはホテルの2階

ナイトクラブは、ハノイホテルの2階にあります。
ホテル入口の受付の横に、ナイトクラブへ至る階段があります。

こんな看板が出ているので、すぐにわかりました。

階段を登っていくと……

このように、すぐにハノイ・ナイトクラブにつきます。

ハノイナイトクラブで夜遊びするときの注意点

ハノイホテルに宿泊予約が必要

ハノイ・ナイトクラブで女の子をお持ち帰りするには、ハノイホテルへの宿泊が必要です。

もちろん、他のホテルに宿泊していても、ナイトクラブに入ること自体はできます。

しかし、他のホテルに宿泊していると、女の子を部屋に持ち帰ることはできないのです。

そのため、1泊1万円前後と宿泊代が少し高くなりますが、女の子を買う場合は、ハノイホテルを予約する必要があります。

⇒ハノイホテルの詳細はこちら

ドレスコードに注意

ハノイ・ナイトクラブには、ドレスコードがあるようです。

例えば、半パンにサンダルという姿では、ナイトクラブに入場できない可能性があります。

でも、かしこまってスーツを着なくても大丈夫です。

他のお客さんを見たところ、普通のTシャツにスラックスで全然大丈夫みたいでした。

入店は早めの時間がおすすめ

オープンは18:00~0:00

ハノイ・ナイトクラブへは、早めの時間に入店するのがおすすめです。

ナイトクラブの営業時間は、意外に早いです。
18時にオープンして、混む時間は21時くらいとのことでした。

女の子の数は、全部で50~70人くらいはいました。

さすがに美女が多いので、遅い時間に行っても、選べる子は残っているとは思います。

ですが、お客が少ない方が時間をかけて選びやすいので、20時くらいまでの早めの時間に行くことをおすすめします。

バーテンのチップ一人50万ドンも請求された

僕は最後の会計時に、ハノイナイトクラブのバーテンから、50万ドンのチップを請求されました。

じいこす
じいこす
断ることもできたんでしょうが、動揺して言われた通りに払ってしまいました……。

しかも2人から請求されたので、合計100万ドンでした。

バーテンは、しれっとした顔で請求してきましたが、チップだけで100万ドンは、ハッキリいって、ぼったくりです…。

バーテンがやった仕事は、お酒を注いだこと、少々の話相手になってもらった、Wi-Fiのパスワードを入力してもらったこと、です。

これからハノイナイトクラブへ行くなら、50万ドンは法外なので、断固として断ってほしいです。

ハノイナイトクラブの夜遊び料金は非常に高額

指名料 80万ドン
(約4,000円)
ドリンク料金 ビール1本:18万ドン
(約900円)
女の子のチップ 朝7時まで:420万ドン
(約21,000円)
2時間:280万ドン
(約14,000円)
バーテンのチップ 1人50万ドン
(約2,500円)

ハノイナイトクラブの夜遊び料金は、とっても高額です。

結論から言うと、料金総額は、約700万ドン(35,000円)でした。(僕の場合、女の子を朝7時までのロングで買いました)

ホテルの宿泊料(1泊10,362円)を含めると、約45,000円です。

内訳を説明すると、以下の通りです。

女の子のチップは、ロング420万ドン、ショート280万ドンです。

それ以外に、指名料が80万ドン必要です。
また、お持ち帰りしない場合は、60万ドンのチップが必要です(持ち帰る場合は、このチップは不要です)。

また、先ほども紹介したように、店を出るときにバーテンからチップ50万ドンを請求されました。
2人から請求されたので、合計100万ドンです。

ビールは、缶ビール1本が18万ドンです。
僕は2時間で4本飲んだので、72万ドンでした。

これらを合計すると、約700万ドンです。

それでもコスパはいいと思う

非常に高価ですよね。

特に、大した仕事もしていないバーテン2人から50万ドンを請求されたときは、顔が引きつりました……。

じいこす
じいこす
 「法外だ!」と突っぱねることもできたかもしれませんが、言われるがままに払ってしまいました……。

ただ、日本を基準にして考えると、やっぱりこの内容なら安いと僕は思います。

モデルクラスの美女と、高級ホテルのバーで飲んだあと、高級ホテルの一室で朝までセックスして45,000円です。

日本では、考えられないコスパだと思います。

海外基準なら、超高額であることは事実なんですが、それでも僕はハノイ・ナイトクラブに行ってよかったと思っています。

満足度は、非常に高かったですよ!

ハノイナイトクラブの体験談

それでは、僕の体験談です。

ホテルに到着してチェックインしたら、着替てすぐに部屋を出ました。

時間が、もう20時になろうとしていたからです。

まずは軍資金が必要なので、ホテル1階にあったATMで、600万ドンを引き出しました。

すぐに、ナイトクラブに入店しました。

店内は、洒落たバーのような雰囲気です。
中央にカウンターがあって、テーブル席も少しありました。

上の階には、カラオケールームもあるようでした。

先客は、中国人の中年男性が1名のみでした。
モデル級の美女を横につけて、飲んでいました。

入口に入って右奥が女の子の待機所でした。
顔を向けると、手を振ってアピールしてくる嬢がいました。

しばらくすると、ママがきて、料金の説明をしてくれました。

女の子を呼んでくれて、僕の前に10数人の女性が並びました。

ドレスを着ていて、みなさん、ゴージャスな雰囲気です。
日本でいうと、高級クラブのホステスといった趣かもしれません。

一通り眺めたあと、次の女性を呼んでもらいました。
またもや、10数人の美女が並びます。

みなさん、笑顔で「私を選んで」と訴えかけているようです。

この美女の並びを、3回目、4回目と繰り返したところ、「これがラスト」とママさんに言われました。

そこで、「もう一度、最初からお願いします」というと、「自分で待機所まで行って、そこで選んでくれ」と言われました。

ママさんは、すこしあきれたような顔をしてましたが、時間が早くて客も少なかったので、僕のわがままを許してくれたんだと思います。

24才のモデルクラスの美女を選ぶ

女の子は全部で70人くらいいたんですが、その中から、とびきりの美女を選びました。

彼女は自称24才で、話を聞くと、なんと入店3日目(!)とのことでした。

1日目、2日目とも、日本人以外の接客で、0時で帰されたそうです。

なので、嬢としては「今日は、なんとしてもホテルに連れて帰って欲しい!」という気分になっていたみたいで、超・積極的に迫られました(笑)

英語も日本語もあまり話せない子だったので、スマホのGoogle翻訳で会話をしていきました。

カウンターでバーテンがいる目の前で、首にキスしてきたり、おっぱいを触らせたりと、積極的なアピールが健気で、可愛いなぁと思いました(笑)

21時を過ぎると、お客も少し増えて、カラオケを歌う客もいました。

お酒を飲みながら、2時間ほど嬢と話していましたが「22時にはお店を出ないといけない」といわれました。

そこで、会計をして、ロングでお持ち帰りすることにしました。

嬢が私服に着替えて来るのをまって、一緒に部屋に戻りました。

夜一回、朝一回の濃厚セックス

私服に着替えた嬢と、ホテルの部屋に戻ってきました。

部屋は12階だったので、ハノイ市内の夜景が窓から見えました。

しばらくベトナム語の会話帳を見ながら、イチャイチャしました。

そのあと、お互いに服を脱いで、セックスしました。

シャワーを浴びる前に、生フェラしてくれました。

一緒にシャワーを浴びた後、夜景を見ながら窓際に手をつかせて立ちバックもしました。

夜に1回濃厚セックスをして、寝ました。

朝6時くらいに目が覚めて、またセックスして、二度寝しました。

気付いたら、朝9時でした。

女の子に「帰りのタクシー代を欲しい」といわれて、10万ドン(約500円)を渡しました。

一応、連絡先を交換して、バイバイしました。

まとめ

ハノイホテルのナイトクラブでお持ち帰りする場合、宿泊代も含めて総額で45,000円くらいは必要です。

海外夜遊びとしては、非常に高価ですよね。

しかし、日本基準で考えると、やっぱりコスパはいいと思います。

高級ホテルで美女と、朝までセックスして5万円いかないんです。

僕は貧乏旅行者ではありますが、一度経験してよかったと思いましたよ!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST