ベトナム

【ベトナム】ドーソンへの行き方を紹介!ハノイ(ハイフォン)⇔ドーソンのバス・タクシーの料金・乗り場・注意点

こんな方に読んでほしい

ドーソンへの行き方を知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

「幻の岬」と呼ばれるベトナムのドーソン岬は、有名な夜遊びスポットです!

僕は2019年7月に、はじめてドーソンへ行きました。

その際、また来るときのことを考えて、ハノイからドーソンまでの交通手段について、いろいろ調べました。

そこでこの記事では、ドーソンまでの行き方について初心者の方にもわかりやすく紹介していきます!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

その他のベトナムの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

【ベトナム】ホーチミン・ハノイの特徴・風俗の種類・夜遊び感想・注意点まとめ 僕は2019年7月に、ベトナムの、ホーチミンとハノイへ夜遊びに行きました。 この記事では、ベトナムの南の都市「ホー...

ハノイ⇔ドーソンへはハイフォンを中継する

ハノイからドーソンまでは約2時間

ハノイ市内からドーソンへのルートは、以下の通りです。

  1. ハノイの「ザーラム・バスターミナル」へ行く
  2. そこからバスで、ハイフォンへ行く(約1時間30分)
  3. ハイフォンから、タクシーまたはバスでドーソンへ行く(約30分)

ハノイからドーソンへの直行便は、今のところありません。

そのため、まずハノイの東にある都市ハイフォンまで行き、そこから乗り換えてドーソンへ向かうことになります。

ハノイからドーソンまでは、約2時間で到着します。
待ち時間を含めると、3時間くらいです。

ちなみにノイ・バイ空港からハノイ市内までは、バスまたはタクシーで1時間ほどです。

じいこす
じいこす
つまり、日本を出発してノイ・バイ空港にお昼に到着したとすると、その日の夕方にはドーソンに到着できますよ!

それでは、

  • ハノイ市内⇔ザーラム・バスターミナル
  • ザーラム・バスターミナル⇔ハイフォン
  • ハイフォン⇔ドーソン

のルートについて、詳しく紹介していきます。

ハノイのノイバイ空港から直接ドーソンまでタクシーで行く場合は約2時間で160万ドン(約8000円)とのことです(高速代混み)

ハノイ市内⇔ザーラム・バスターミナルの行き方

ザーラム・バスターミナルの場所

まず、ハノイ市内からザーラム・バスターミナルへ行きます。
Googleマップでは「22」と書いてあります。

  • grabタクシー:10万ドン前後
  • バス:7,000ドン
  • 所要時間:30分前後

ハノイ市内からザーラム・バスターミナルへの交通手段は、タクシーまたはバスになります。
途中に大きな川があるので、徒歩で行くのは無理です。

僕はハノイホテルからgrabタクシーを使って、ザーラム・バスターミナルへ行きました。
その時の料金は、9.7万ドン(約500円)でした。

あるいは、バスを使ってもザーラム・バスターミナルへ行けます。
料金は7,000ドン(約35円)です。

ザーラム・バスターミナルへは行きはタクシー、帰りはバスがおすすめ

ただ、ハノイ市内からザーラム・バスターミナルへは、行きはタクシーを使うのがおすすめです。

バス乗り場を見つけることが、慣れてないと難しいからです。

逆に、ザーラム・バスターミナルからハノイ市内へ戻るときは、バスがおすすめです。

ハノイ市内へのバス:03番バス(7,000ドン)

帰りは、バスターミナルからなのでバスに乗るのが容易です。
ハノイ市内へは、03番のバスを使ってください。
看板に03と書いてあります。

バスは走り出してから、スタッフが集金にきます。

ハノイ市内まで7,000ドンです。
ドーソンからの帰りは、バスの方が安いのでおすすめです。

ハノイ⇔ハイフォンの行き方

ザーラム・バスターミナルでVIP HAI AUバスに乗る

VIP HAI AUバスに乗る

料金 10万ドン(約500円)
発車時間 30分間隔
所要時間 約1時間30分

次に、ハイフォン行きのバスについて紹介します。
料金は10万ドンで、30分間隔でバスが発車しています。

ハイフォンまではノンストップで、所要時間は1時間30分ほどです。
バスを降りる場所の候補は、2ヶ所あります。
それについては、後で説明します。

VIP HAI AUバスの切符の購入方法

ザーラム・バスターミナルに到着したら、建物の中に入ってください。

建物の中に入ると、左手に緑の窓口のような青いコーナーがあります。

VIP HAI AUと書いてある、カウンターに行きます。

HAI PHONG(ハイフォン)と書いてある3番の窓口で、バスのチケットを購入します。

10万ドンを出して「ハイフォン!」と言えば、切符をくれます。

このように、切符を購入します。

VIP HAI AUバスの乗車方法

キップを購入したら、改札のような通路を通って、バスに向かいます。

改札を抜けると、たくさんのバスがあって、探すのが大変そうですが……

すぐ正面に、バスがとまっていました。
VIP HAI AUと大きく書いてあるバスです。

なお、チケットには、以下の情報が書いてあります。

  • 乗車日付
  • 出発時間
  • バスのナンバープレート
  • 座席番号

ですので、念のため、乗車時にバスのナンバーを確認してください。

スーツケースは、自分で積み込みます。
海外で荷物を預けるのは少し不安もありましたが、大丈夫でした。

乗車時は、チケットをスタッフが確認して、少し破ります。

このように、少しチケットを破ることで、確認を取っているみたいです。

車内はこんな感じ。
クーラーが効いています。
席が決まっているので、指定の場所に座ります。

僕はそのことに気付かず、勝手に好きなところに座っていたので、注意されました(笑)

バス内のサービスはWi-Fi・お水・おてふき

バスの中では、Wi-Fiが繋がります。
上の看板に書いてあるのがパスワードです。
この場合、ピリオドとスペースを抜いた「02253717717」がパスワードです。

バスが走り始めると、お水とおしぼりの配給サービスがあります。

お水は、ぬるかったです(笑)

おしぼりがもらえるのは、いいサービスですね!
さすがVIP!(笑)

ザーラム・バスターミナルの注意点

ザーラム・バスターミナルでは、VIPがついてない「HAI AU」というバスも運行しています。
上の写真の窓口で、切符が買えます。

しかし、こちらのバスは各停で、到着が30分以上も遅いみたいです。特別な事情がなければ、今回紹介した「VIP HAI AU」を利用することをおすすめします。

ハイフォン⇔ドーソンの行き方

VIP HAI AUバスを降りる場所の候補は2つ

  • 早く行きたい場合:途中で降りてタクシー
  • 遅くても安く行きたい場合:ハイフォンからバス

VIP HAI AUバスを降りる場所の候補は、2つあります。

地図を見るとわかるように、VIP HAI AUバスはハイフォンのカウラオ・バスターミナルに向かいます。

しかし、高速道路を降りたところで、一度停車します。
そこで降りた方が、ドーソンに近いので、早く到着できます。

ただし、途中下車の場合は、タクシーしかありません。

ハイフォンのカウラオ・バスターミナルまで行けば、少し時間はかかりますがバスが使えます。

どちらも一長一短ですが、僕の場合、行きは途中下車してタクシーを使いました。

途中下車&タクシーの乗り方

タクシー料金:30万ドン前後?(約1,500円)
所要時間:約30分

VIP HAI AUバスは、高速を使ってハノイからハイフォンまでノンストップで走行します。

ただ、ハイフォンに入って高速を降りると、スタッフが「途中で降りる人はいるか?」と聞いてきます。

ここで降りる場合は、手をあげます。
僕以外にも、ここで数人が降りました。

バスを降りると、数台ほど待ち構えていたタクシーが、スーツケースをトランクに勝手に載せました。

この辺は、待ったなしでした。

有無を言わさなかった、タクシーの運転手(笑)

じいこす
じいこす
料金の交渉をしようとすると、まず乗れ、といわれましたw

「ドーソン、ハウマッチ?」

このように料金を聞くと、30万ドンとのことで、「まぁ相場かな?」とOKしました。

ただ、どうもメーターを見ていると、本当は20万ドンもいかないような感じです。

もしかすると、相場は20万ドンくらいかもですね?

30分ほどで、ドーソンにつきました。

目的地はバス停がおすすめ

タクシーの目的地ですが、ドーソンのバス停を指定するといいと思いました(場所は後述します)。

僕は初めてだったので勝手がわからず、「ホアクック」というニャギ(宿)を目的地にしたんですが、運転手もよくわかっていませんでした。

結局、「CHI MAI」というニャギの前でタクシーを止めてもらったんですが、気を利かしてなのかニャギのスタッフが出てきて、スーツケースを勝手に中に運んで行く感じでした。

僕も、実は「ホアクック」よりも「CHI MAI」が宿泊の候補だったので、今回はこれでよかったんです。

ただ、ニャギをゆっくり見て選びたいのであれば、手前のバス停でタクシーを降りた方が、ゆっくり観察できると思います。

カウラオ・バスターミナル⇔ドーソンのバス

03番バスに乗車する

料金 2万ドン(約100円)
運行時間 5:45~18:30
(30分に1本)
所要時間 約30分

VIP HAI AUバスは、ハイフォンのカウラオ(Cầu Rào)・バスターミナルに停まります。

ここからタクシーでもドーソンに行けますが、ここまで来たらバスを使う方がおすすめです。

ドーソン行きのバス停は、カウラオ・バスターミナルから1分ほど歩いた場所にあります。

  • ターミナルから見て左側:ドーソン行きバス停
  • ターミナルから見て右側:ドーソン帰りバス停

バスターミナルから歩いて、道路の左側のバス停がドーソン行きバスが停まる所で、道路の右側のバス停がドーソン帰りのバスが停まる場所です。

わかりづらいですが、上の写真の中央、黄色い服の人が数人いる場所が、ドーソン行きのバスが停まる所です。

ドーソン行きのバスは、03番です。

03番バスの運行時間は、5:45~18:30です。
30分間隔で発車しています。

車内はローカルの雰囲気ですが、クーラーはついています。

料金は2万ドン(約100円)です。
バスが走り出したら、スタッフが集金にきます。

約30分で、ドーソンのバス停に到着します。

ドーソンのバス停は、この場所です。

バス停は、ニャギがある区画より少し手前にあります。

そのため、ゆっくり歩いてニャギを観察できると思います。

ドーソンからハノイへ帰る場合のバス・タクシー

ハノイへ帰るときも、まずドーソンからハイフォンのカウラオ・バスターミナルへ向かうことになります。

そこまでの交通は、やはりタクシーあるいはバスになります。

バスは、ここまで紹介した03番バスで、バス停も同じ場所です。

個人的には、バスの方がおすすめです。

タクシーは、サイズオン・ホテルの前に停まっています。

ドーソンからカウラオ・バスターミナルまでのタクシー料金は、僕は交渉していないので不明ですが、噂では相場は40万ドンとのことです。

まとめ

ハノイ市内からドーソンまでの行き方を紹介しました。

交通手段は、状況に応じてタクシーとバスをうまく使い分けるのがおすすめです。

ハノイからドーソンまでは、2時間~3時間もあれば到着します。

僕としては「意外と近いなー」という印象を持ちました。

ドーソンは初めてだったので、ローカルの乗り物を使うことは、ちょっと心配もありました。

でも、実際に使ってみたところ、意外とすんなり行けましたよ!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。


中折れせず連続で発射するコツや、おすすめの精力剤(ED治療薬を使わずに健康的に目的を達成する手段)について、写真付きで詳しく解説しています。

【写真あり】40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

RELATED POST