タイ

【タイ・バンコク風俗】ゴーゴーバーのまとめ!バカラ・クレイジーハウス・レインボー2・レインボー4・ビルボード感想

こんな方に読んでほしい

バンコクのゴーゴーバーの情報のまとめや感想を知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

僕は、タイのバンコクに2019年6月に遊びに行ってきました。

タイ・バンコクの夜遊びと言えば、ゴーゴーバーは外すことのできない風俗ですよね。

僕もバンコクに行くからには、絶対に一度は行ってみたいと思っていました。

ただ、事前にいろいろ調べていると、「最近は良くない」という評判を耳にしました。

バンコクのゴーゴーバーは、嬢がスレているし、金額も上がっている、ということです。

ですので、僕はあまり深入りせずに、有名店を何店かハシゴして見学する、という感じで回りました。

今回は、ソイカウボーイとナナプラザのゴーゴーバーに行ってみたので、その料金や体験談などをまとめて紹介します。

ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

その他のタイ・バンコクの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

タイ・バンコクの特徴・エロ風俗の種類・夜遊び感想・料金・注意点まとめ 海外で夜遊びというと、最初に思いつく都市が、タイのバンコクだと思います。 僕もバンコクはずっと気になっていて、20...

バンコクのゴーゴーバーに対する僕の結論

結論からいうと、基本的に僕はバンコクのゴーゴーバーに対して、冷めています。

これは事前にリサーチしていたときもそうでしたし、実際に現地に行ってみても、変わりませんでした。

そもそも僕は、日本でも「キャバ嬢を隣につけて、ウェイウェイ楽しいでーす」みたいなパリピな人種ではありません(笑)

じいこす
じいこす
ぶっちゃけ、僕的にはテーメーカフェの方が、ずっと楽しかったです!

そんなテンションなので、割と冷めた感想になってしまっています。
なんだか、バンコクのゴーゴーバーを楽しんでいる方には、申し訳ないです。

とはいえ、一度は行ってみる価値はあるとは思いましたよ!
ホントです!

ソイカウボーイのゴーゴーバーのお店・料金・時間

営業時間 20:00頃~2:00頃

「ソイカウボーイ」とは、ゴーゴーバーが連なるストリートの名称のことです。

「ソイカウボーイ」は、BTSアソーク駅から、歩いて約3分のところにあります。

「ソイカウボーイ」の左右には、ゴーゴーバーが20件くらい並んでいます。

近くには「ターミナル21」という大きなショッピングモールがあり、そのすぐそばにこんな風俗街があることに、タイのおおらかさを感じますね(笑)

ちなみに昼間の「ソイカウボーイ」は、もちろんゴーゴーバーは営業しておらず、屋台が並んでいます。

昼と夜では、雰囲気がまるで違いますね。
本当に別の場所みたいで、道の幅すら違うような気になります。

https://deep-asia-trip.com/soicowboy_gogobar/

店名 ペイバー ショート 特徴
BACCARA 1,040B 3,000B 有名店。レベルが高い
CRAZY HOUSE 1,000B 3,000B 女性全員が全裸でサービス
SHARK ダンサー700B
コヨーテ1,500B
レベルの高い美女
SAHARA 美形のコヨーテと飲むのならおすすめ
DEJA VU レベルの高いコヨーテ嬢が多い
Rio コヨーテバー
Cowboy2 ダンサー1,000B
コヨーテ3,000B
3,000B コヨーテバー。ファラン向き
Cockatoo レディーボーイ専門店
Midnite 1,000B 3,000B 綺麗系のコヨーテが多い
the doll house ファランが多い
SUZIE WONG ファランが多く、日本人好みの女の子は少ない
SPICE GIRLS 綺麗系のコヨーテが多い
Play Skool ファラン向き
LIGHTHOUSE 1,200B 3,000B 若くて綺麗系の女の子
dun dee 3,000B~ 3,000B ファラン向き
KISS 3,000B 3,000B ファラン向き
Tilac ファラン向き
TOY ファラン向き
LUCKY STAR ファラン向き
  • 「ゴーゴーバー店」と「コヨーテバー」が混在している。
  • 「コヨーテバー」は、タイのキャバクラ。ドリンク代が一般的なゴーゴーバーと比べて割高。
  • コヨーテというのは、専用のダンサー。

ナナプラザのゴーゴーバーの場所・料金・時間

ナナプラザはゴーゴーバーの集合モール

営業時間 20:00~3:00

「ナナプラザ」は、一言でいうと、ゴーゴーバーの集合モールです。

場所は、ナナ駅から歩いて5分くらいのところにあります。

建物は3階建てで、屋根がついているので雨の日でも傘は不要です。

ナナプラザは入場料が不要で雰囲気は楽しい

ナナプラザの入口には警備員がいて、大きなカバンを持っている場合は、荷物検査があります。
でも、ウエストバッグくらいの大きさなら、そのまま素通りできます。

ナナプラザ自体には入場料がないので、中に入って雰囲気だけ楽しむこともできます。

じいこす
じいこす
ナナプラザは、日本でいうとお祭りの縁日みたいで、楽しい雰囲気でした!

ソイカウボーイより、ナナプラザの方が親しみやすかったです。
中には、女性の観光客もいましたよ。

ナナプラザ内にはゴーゴーバーだけでなく、1階の中央に普通のバーもあります。

ビール1杯160Bくらいで、ゴーゴーバーの店内で飲むより、ちょっとだけ安い感じです。

そんなに強引な呼び込みはない

事前にナナプラザの情報を集めていると、「2階に上がるエスカレーター付近で、強引な呼び込みがある」と聞いていました。

ただ、僕が行ったときは、そんなことはなかったです。

確かに、歩いていると声をかけられたり、手を軽く引っ張られることはありましたが、笑いながら歩き続ければ、すぐに解放されました。

ですので、安心して歩き回れると思いますよ。

ちなみに、僕はひそかに、「スパンキーズ」というお店の前で、呼び込み嬢に柔らかい棒でスパンキングされてみたかったんですが、見事にスルーされてしまいましたwww

ナナプラザの上にはヤリ部屋がある

ナナプラザのゴーゴーバーでペイバー(お持ち帰り)をすると、自分のホテルだけでなく、ナナプラザの上のホテルでもセックスできます。

ナナプラザ3階にあるホテル(1時間350バーツ)は、エレベーターであがります。

ただ、ホテルというよりヤリ部屋みたいなところで、時間になると、スタッフがドンドンとドアをたたいてくるそうです。

しかも狭くて汚い部屋みたいなので、できれば自分のホテルに連れて帰りたいところです。

しかし、ホテルまで行くのは時間がかかるので、嫌がる嬢もいるみたいです。

ナナプラザ:1階のゴーゴーバー

https://bangkok-pattaya-thailand.com/

店名 ペイバー ショート 特徴
SUCKERS 700B 2,500B 「元男の子」もいる
RAINBOW BAR1 600B 地味な感じ
Easy Lick 穴場
BANGKOK BUNNUIES 日本人好みの女の子は少ない
PLAY SKOOL 600B 日本人好みの女の子は少ない
LONDON CALLING 600B 人気店と比べてゆっくり飲める。レディボーイ混合
RAINBOW 2 700B 3,000B ナチュラル系の若い女の子
Obsession 美形のニューハーフ
LOLLIPOP 600B 2,500B レディボーイが混合
口コミ
  • オススメは、レインボー2。19時に入店し、即決断

ナナプラザ:2階のゴーゴーバー

https://bangkok-pattaya-thailand.com/

店名 ペイバー ショート 特徴
Casanova 700B 2,500B 幅広くそろっている
Temptstions 600B ファラン系。レディボーイ専門店
MERCURY 600B レディボーイ専門店
MANDARIN 700B 2,500B 上階の方がにぎわっている
Candy Land ファランに人気
SPANKYS 柔らかなぐにゃりと曲がる棒で客をぶったたいてくる店
Angel Witch 2 700B ファラン向き
Sexy night bar 穴場のバー
TWISTER BAR 注目度がたいへん高い
RAINBOW 4、5 600B セクシー系の美女。ピークは20時から21時
Straps 穴場のバー
RAINBOW 3 600B 2,500B 意外な超穴場
Erotica Chile レディボーイ専門店
DC10 600B レディボーイ専門店
口コミ
  • 顔の可愛さだけ見れば、レインボー4がナンバー1じゃないでしょうか!?

ナナプラザ:3階のゴーゴーバー

https://bangkok-pattaya-thailand.com/

店名 ペイバー ショート 特徴
EROTICA 700B 2,500B レディーボーイ専門店
Billboard ツウが通うゴーゴーバー
JAIL BIRDZ jail 超穴場
Enter 穴場。すれていない
Charades レディーボーイの専門店
口コミ
  • ビルボードは、現在のバンコクのゴーゴーバーで女の子の質、ノリ、店の設備、トータル1番かも。
  • ここの良さはなんといっても、のんびり飲めること

実際にゴーゴーバーに行ってみた感想

それでは、実際にゴーゴーバーに行ってみた感想です。

以下のゴーゴーバーに、行ってきました。
事前の調査で、評価が高かったお店です。

  • ソイカウボーイ「バカラ」
  • ソイカウボーイ「クレイジーハウス」
  • ナナプラザ1階「レインボー2」
  • ナナプラザ2階「レインボー4」
  • ナナプラザ3階「ビルボード」

どのお店でも、1杯だけ飲んで退店したので、女の子はつけていません。
ペイバーもしていません。

結論から言うと、この中で一番良かったのは、「ビルボード」でした。

ソイカウボーイ「バカラ」

ひとこと:嬢の数が多い・ノーパン

ソイカウボーイでは、有名な「バカラ」に行ってみました。
ここが一番美人が多いという話です。

入店すると、席につくように促されて、お酒を注文します。
お酒を注文せずに、店内を歩いて見学だけできるような雰囲気ではないです。

入店料は無料で、ビールは180Bくらいでした。

女の子は踊っているというより、立って体を揺らしている感じ。

女の子を隣に呼んでイチャイチャしている男性客は少なく、お酒を飲んで静かに見学している雰囲気でした。

ステージの天井は透明になっていて、2階でも女の子が踊っています。

ノーパンなので、中が見えます。
でも、見えづらいです(笑)

2階に上がってみると、そこでも女の子がゆらゆら揺れていながら、その周りで男性客が飲んでいます。

3階にも上がってみましたが、女の子も男性客もいませんでした。

オバチャンの営業は、それほど執拗ではありませんでした。
なんか、僕みたいに見学オンリー客が多かったです。

嬢が立って揺れているのを、酒飲んで眺めているだけ。
正直、冷めてるなーって感じでした。

でも、確かに「バカラ」は嬢の数が多くて、ノーパンなので、ソイカウボーイの中ではレベルが上、というのは理解できました。

ソイカウボーイ「クレイジーハウス」

ひとこと:全裸。それだけ

「クレイジーハウス」は入店料が必要で、入口で100Bを支払います

中に入ると、全裸で女の子がステージに立っています。

トップレスのお店はありましたが、全裸は「クレイジーハウス」だけです。
だから入店料を取っているんですね。

お店の中は、そんなに広くないです。
席に着くように促され、飲み物を注文する必要があります。
ビール180Bくらいでした。

「バカラ」と同じく、いちゃついている男性客はおらず、それぞれじっとステージの女の子を眺めていました。

「なんか、シュールだなぁ」って、僕は冷めてました(笑)

別に面白くないけど、全裸なので来た価値はあったと思います。

ただ、「また来たい」とは思わないです。

ナナプラザ「レインボー2」

ひとこと:確かに、可愛い子はいる

レインボー2は、日本人受けする美女がそろっている、と評判のゴーゴーバーです。

22:00頃に入店すると、席に着くように促されました。
シンハービールは、185バーツでした。

女の子はピンキリですが、可愛い子は、確かにアイドル並みに可愛いです。

壁際で一人で座っていると、オバチャンが「女の子?」と営業をかけてきました。

でも、仏頂面で「いらない」といえば、それ以降は干渉してこなかったです。

ナナプラザ「レインボー4」

ひとこと:チップを勝手に取られた

「レインボー4」は、1階の「レインボー2」と同系列のお店で、こちらも事前の調査で、評判が高かったお店です。

「レインボー2」から持って出てきたビールビンを持ち込んだら、すぐに没収されました(笑)

席に着くように促されて、ラムコーク165バーツを注文します。

どのゴーゴーバーも、ドリンクの注文をせずに中を見学する、というのは難しい雰囲気です。

めんどくさいので、素直に注文した方が、そのあと解放されます。

女の子は、可愛い子もいますが、BBAもいます。
全体的に、「レインボー2」の方がレベル高い印象がありました。

途中で、女の子がトップレスになりました。

それから会計時、勝手にチップを取られました。

205バーツ渡すと「5はいらない」と言われました。

お釣りが40バーツのはずが、35バーツ。
5バーツは、チップとして取られました。

5バーツくらいで揉めたくないので、そのまま退店しました。
でも、こんな営業をしていると、信用をなくしますよね。。。

ナナプラザ「ビルボード」

ひとこと:トップレス・ここが一番よかった

ビルボードは、ナナプラザ3階のゴーゴーバーです。

事前の調査では、ここが一番盛り上がっているという話でした。

実際に行ってみて、確かに、そうでした。

店内には、「お立ち台」と、「ジャグジー」があります。

ジャグジーの方は、嬢がトップレスでキャッキャしてます。

これまでゴーゴーバーを見てきた中で、ビルボードのジャグジーが一番盛り上がってました。

ですので、どこかゴーゴーバーを見学するなら、「ビルボード」がおすすめですね。

店内に入ると、ドリンクを注文する必要はありますが、その後の営業は一切なかったです。

シンハービールも160バーツと、わずかではありますが、「ビルボード」が一番安かったです。

会計も、「レインボー4」のように誤魔化されることがなかったです。

お店の中では、イチャイチャしている男性客もいましたが、ほとんどはお酒を飲みながら女の子を眺めていました。

まとめ

今回、回ってみたバンコクのゴーゴーバーの中で、一番良かったのがナナプラザ3階の「ビルボード」でした。

ただ、基本的に女の子は踊っているというよりも、立って揺れているだけでした。

そして、男性客は、ボーっとそれを眺めているような雰囲気でした。

言い方は悪いですが、僕のバンコクのゴーゴーバーの感想は「動物園の動物と、それをただ見ている客」という構図に見えました。

これって、どちらにも利がないなぁ、と感じました。
なんか、終わってるな、という感じです。

なんか否定的な意見を書いてしまって、バンコクのゴーゴーバーを楽しんでいる方には、申し訳ないです。

盛り上がれる性格で、お金を気にせず使えるなら、楽しいところなんだと思います。

バンコクの隣の都市のパタヤのゴーゴーバーは盛り上がっているという評判を聞きますので、次回はそちらに行ってみたいですね!

【2019】パタヤ・ウォーキングストリート・LKメトロのゴーゴーバーの料金・感想!バンコクより全然よかった! 僕は2019年9月に、パタヤのウォーキング・ストリートとLKメトロのゴ-ゴーバーに行きました。 結論から言うと、ウ...

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。


中折れせず連続で発射するコツや、おすすめの精力剤(ED治療薬を使わずに健康的に目的を達成する手段)について、写真付きで詳しく解説しています。

【写真あり】40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

RELATED POST