タイ

【タイ】バンコクのBTS(バンコク・スカイトレイン)の乗り方・運行時間・料金まとめ!初心者でも簡単に乗れた

こんな方に読んでほしい

「バンコクのBTSの乗り方や料金について、詳しく知りたい!」という方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

僕は2019年6月にバンコクに旅行に行ったんですが、その時の移動手段として最も利用したのは、BTS(バンコク・スカイトレイン)でした。

ドンムアン空港からバンコク市内に移動するときはもちろん、アソークからチャトチャック・マーケットに行ったり、ナナからプロンポンに行ったりなど、利用頻度が本当に高かったです。

これでも、バンコクに渡航する前は「海外のローカルの乗り物って、言葉もわからないし敷居が高いな…」なんて思っていたんですよね。

ところが実際に利用してみると、BTSの乗り方は、とても簡単でした。
日本の地下鉄と同じくらいの要領で、気軽に利用できましたよ。

そこで、この記事ではBTSの乗り方、運行時間、料金などをまとめてみました。

ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

その他のバンコクの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

タイ・バンコクの特徴・エロ風俗の種類・夜遊び感想・料金・注意点まとめ 海外で夜遊びというと、最初に思いつく都市が、タイのバンコクだと思います。 僕もバンコクはずっと気になっていて、20...

BTSの路線図

引用:http://www.sakura-bkk.com/trainmap.html

まずは、BTSの路線図から。
BTSは緑色のライン(スクンビットライン)です。

※この図は古いです。
日本語でわかりやすいので掲載しましたが、ベーリング駅の先から2019年時点で、ケーハ駅まで路線が伸びています。

※追記:こちらの画像が最新です。

ドンムアン空港から、一番近いのがモーチット駅です。

そこからバンコク市内の観光客向けの駅でいうと、サイアム駅・ナナ駅・アソーク駅・プロンポン駅あたりになります。

BTSの運行時間について

BTSの運行時間は、6:00~24:00です。

ですが当然、各駅によって始発時間は異なります。

BTSの始発・終電の時間の一覧

※クリックで拡大します

駅名 始発
(ケーハ行)
終電
(ケーハ行)
始発
(モーチット行)
終電
(モーチット行)
モーチット 05:15 23:45
サイアム 05:29 00:00 05:43 00:30
ナナ 05:34 00:05 05:37 00:23
アソーク 05:36 00:06 05:36 00:21
プロンポン 05:38 00:08 05:34 00:19
ベーリング 05:53 00:25 05:17 00:02
ケーハ 05:15 23:45

この表は、主要なBTS駅の始発と終電の時間です。

例えば、アソーク駅の始発は5:36です。
アソーク駅の終電は、ケーハ駅方面だと0:06、モーチット方面だと0:21になります。

BTSの所要時間について

上の画像を拡大すれば、各駅間の所要時間がわかります。

例えば、以下の通りです。

BTS所要時間
  • モーチット駅~アソーク駅:21分
  • ナナ駅~プロンポン駅:4分

BTSの発車間隔について

BTSの発車間隔は、時間帯や曜日によって微妙に違います。

だいたい、5分から8分間隔で運行しています。

ですので、現実問題として時刻表を気にする必要はありませんでした。

駅のホームで数分待っていれば、列車が来ます。

BTSの料金について

BTSの料金は、乗る区間によって違います。

隣の駅なら16バーツ、離れている駅なら44バーツです。

駅の発券機の側には、今いる駅から目的駅までの料金表があります。

上の画像で丸の中に数字がありますが、これが料金を示しています。

この画像はアソーク駅で撮影したので、アソークが黄色になっています。

そこから1つ上のナナ駅までの料金は16バーツ、という風に見ます。

BTSのチケットの買い方

それでは、BTSのチケットの買い方について紹介します。

2つ方法があります。

  1. 窓口で購入
  2. 発券機で購入

それぞれ説明していきますね!

1:窓口で購入

1つめは、窓口で購入する方法です。
実は、発券機は硬貨しか対応していないんです。

例えば、ドンムアン空港からモーチット駅までバスで行き、そこからBTSに乗る場合、手元には必要分の硬貨がない状態だと思います。

そのような場合、窓口でチケットを購入します。

大きな声で目的の駅名を言えばOK

窓口では、お金を出して、「○○!」と目的の駅名を言えば通じます。

じいこす
じいこす
Please give me a ticket to ~みたいな英文はいりません(笑)

その際「One person?(1名様?)」と聞かれることがあるので、1人ならイエスと答えましょう。

そうすると、お釣りとチケット(カード)をくれます。

2:発券機の使い方

BTSのチケットを購入する2つ目の方法は、発券機です。
発券機は、小銭しか使えません。

発券機の画面は、タッチパネルになっています。

スライドさせて、目的地の駅をクリックします。

すると、必要な投入額が表示されます。
この写真の場合、44バーツです。

スロットに硬貨を投入します。

カードが出てきます。

簡単ですね!
このカードが、BTSのチケットです。

それでは、改札に向かいましょう!

BTSの乗り方

それでは、BTSの乗り方と降り方を紹介します。

BTSの乗り方

改札で、カードをタッチします。
すると、扉が空くので、通ります。

このカードは、降りるときに使います。
なくさないようにしてください。

上の標識を見ると、モーチット方面・ケーハ方面というように、ホームが2つに分かれています。

目的の方向のホームへ進みます。

列車が来たら、そのまま乗車します。
日本の電車と同じですね。

時間帯によっては、列車の中は込み合います。
一応、スリに注意しておく必要がありますね。

BTS列車内で降りる駅を確認する方法

降りる駅の確認方法について紹介します。

「次は○○駅」という列車のアナウンスが入ります。
ですが、はじめは聞き取りづらいと思います。

列車の中にモニターがあり、「next station」と案内が出るので、これが参考になりますね。

また、車両によっては、ランプでも確認できました。

BTSの降り方

目的の駅についたら、普通に列車を降ります。

改札を抜けるとき、購入したチケット(カード)を使います。

改札の機械に挿入します。

カードの向きは、どちらでもOKです。

改札を抜けました。

カードは機械の中に吸い込まれるので、降りるときは何も受け取らずそのまま出てOKです。

日本との違いは、チケットが紙ではなくカードを利用しているだけで、あとは同じですね。

まとめ

このように、タイ・バンコクのBTS(バンコク・スカイトレイン)は、簡単に利用することができます。

BTSは多くの観光客が利用していますし、料金も16バーツ(56円)から44バーツ(154円)と格安です。

BTSは頻繁に運行していて、特に遅れるようなこともなかったです。

最初は「敷居が高いかな……?」と思っていましたが、乗り方が分かってみると、BTSは簡単で便利でしたよ!(^^)!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。


中折れせず連続で発射するコツや、おすすめの精力剤(ED治療薬を使わずに健康的に目的を達成する手段)について、写真付きで詳しく解説しています。

【写真あり】40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

RELATED POST