ベトナム

【ベトナム】タンソンニャット空港⇔ホーチミン市内への行き方!バス・タクシーの料金・乗り場・時間

こんな方に読んでほしい

タンソンニャット空港からホーチミン市内への行き方を知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

ベトナムのホーチミンの最寄りの空港は、タンソンニャット空港になります。

日本からは、羽田空港と関西国際空港からタンソンニャット空港への直行便が出ています。

タンソンニャット空港に到着して、ホーチミン市内へ行くには、空港から出ているバス、もしくはタクシーを利用します。

僕がおすすめするのは、バスです。

最初は「海外でローカルの乗り物を使うのは、言葉もわからないし不安だな…」と思っていたんですが、実際に利用してみると、便利で簡単でした!

そこでこの記事では、タンソンニャット空港からホーチミン市内に行く方法として、バス・タクシーの乗り方・時間・料金などについて紹介します。

ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

その他のベトナムの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

【ベトナム】ホーチミン・ハノイの特徴・風俗の種類・夜遊び感想・注意点まとめ 僕は2019年7月に、ベトナムの、ホーチミンとハノイへ夜遊びに行きました。 この記事では、ベトナムの南の都市「ホー...

タンソンニャット空港からホーチミン市内への行き方

109番バスの時間・料金・乗り場

109番バスに乗る

料金 2万ドン
(約100円)
所要時間 約40分
運行時間 5:30~25:00
(30分間隔で発車)

ホーチミン市内へは、109番バスに乗るのがおすすめです。

109番バスは黄色い色をしていて、ホーチミン1区の「ベンタイン市場」や「9月23日公園」へ行くバスです。

バスの乗り方

タンソンニャット空港(国際線ターミナル)を出て、少し歩くとバスターミナルがあります。

このように、看板が出ていました。

空港を出て、少し右に行って、道路を渡ったところに黄色いブースがあります。

このような、黄色いブースが109番バス乗り場です。

このように、109番バスの路線図が出ています。

バス乗り場に行くと、男性スタッフがいるので、目的地を伝えて2万ドンを払います。

目的地(バスを降りる場所)は、この図でいうと8番の「ベンタイン市場」か、9番の「9月23日公園」になる方が多いと思います。

僕の場合は、ブイビエン通りのホテルを予約したので、目的地は「9月23日公園」です。

2万ドンを払うと、このようなチケットをもらえます。

紙幣は事前に崩しておく

バスに乗る前には、手持ちの紙幣を崩しておくのがおすすめです。

空港のATMで両替した直後は、紙幣が50万ドン札か20万ドン札になります。

50万ドン紙幣は1万円札のようなもので、2万ドンのバスを利用するには大きすぎます。

おつりが出ない可能性があるので、SIMカードを購入するか、何か買い物するなどして、お札を崩しておいてください。

バスが出発したら

バスの中は、結構広いです。

スーツケースはそのまま持って、イスに座ります。

バスは30分間隔で発車します。

9月23日公園までの所要時間は、約40分です。

バスが走り出したら、スタッフがチケットを持っているか確認して、少しちぎります。

ちぎった後は、このチケットを使うことはありませんが、いちおう下車するまで持っておきます。

バスの中にはフリーWi-Fiがある

バスの中には、フリーWi-Fiがあります。

ベトナムは、Wi-Fiが非常に整備されていて、「もしかすると日本よりフリーWi-Fiが多いかも?」くらいに感じました。

Wi-Fiは、バスのナンバーを選ぶんですが、パスワードがわからなくて、バスのスタッフに聞いてパスワードを入力してもらいました。

「9月23日公園」バスターミナルに到着

バスにそのまま乗っていると、「9月23日公園」に到着します。

ここは、ホーチミン市内の大きなバスターミナルです。

ホーチミンからタンソンニャット空港へ行く場合も、ここからバスに乗れます。

このバスターミナルは、けっこう広いです。

バスを降りた時点だと、自分がどこにいるか少し迷うんですが、わかりやすい目印がありました。

すぐそばに、「フォークイン」という有名なフォーのお店があります。

これが目印で、わかりやすかったです。

ちなみに、フォークインは、ビーフシチューのフォーで有名なんですよね。

料金は観光客向けの7.4万ドン(約370円)ですが、香草もたくさんついて美味しかったので、ぜひ食べてみてください!

ホーチミン市内からタンソンニャット空港への行き方

ホーチミン市内からタンソンニャット空港への行き方は、同じくバスとタクシーがあります。

バスを使う場合は「9月23日公園」バスターミナルから、109番バスに乗るのがわかりやすいです。

ここまで行くのが遠い場合は、後で紹介するgrabタクシーを利用するのが便利です。

まずは、バスの乗り方について紹介します。

バス乗り場はフォークインを目指すとわかりやすい

「9月23日公園」バスターミナルへの行き方は、「フォークイン」を目指すとわかりやすいです。

フォークインは「9月23日公園」の交差点にあり、道路を渡ったところがバス乗り場です。

「9月23日公園」のバスターミナルは広いので、どこに109番バスが停まるのか、ちょっとわかりにくいです。

フォークインから公園に入って、右に進んでいくと109番バス乗り場があります。

このような109番の看板が見つかれば、そこがバス乗り場です。

しばらく待っていると、109番バスが停まります。

黄色いバスなので、目立ちますね。

バスへは、そのまま乗車して大丈夫です。

料金は、バスに乗って走り出したあとに、スタッフが回収にきます。

料金は、2万ドン(約100円)です。

もらったチケットは、いちおう下車するまで持っておいてください。

国内線ターミナルへは歩いて5分

109番バスを利用してタンソンニャット空港へ行くと、国際線ターミナルに到着します。

日本へ帰国する場合は、そのまま正面の空港に入ります。

ホーチミンから、ハノイやダナンへ行く場合は、国内線になるので、国内線ターミナルへ行きます。

国内線ターミナルは、国際線タ-ミナルから歩いて5分ほどの距離にあります。

途中に「ドメスティック・ターミナル」という看板が出ています。

国際線ターミナルに到着して、左方向へ進んでいくと、このように国内線ターミナルが見えてきます。

このようにして、ホーチミン市内からタンソンニャット空港へ行くことができます。

タクシーで行く場合は必ずgrabを使う

続いて、タクシーについて紹介します。

タンソンニャット空港から市内までタクシーで行く場合は、呼び込みにつかまらないようにしてください。

スーツケースを持って空港を歩いていると、必ず「ヘイ、ボス」なんて感じで、声をかけてきます。

これらは、いわゆる「白タク」で、利用するとぼったくり被害に遭う危険が、とても高いです。

タクシーは、必ずgrabタクシーを利用してください。

grabタクシーであれば、料金をぼったくられることはありません。

アプリで行き先を指定できて、事前に料金がわかるので、安心して目的地へ向かうことができます。

タクシーの料金の目安は、タンソンニャット空港からホーチミン市内のブイビエン通りの場合、8.3万ドン~11万ドン(約400円~550円)でした。

じいこす
じいこす
東南アジアはタクシー代が安いので、助かりますね!

日本へ帰るとき、ホーチミン市内からタンソンニャット空港へ行く場合は、宿泊しているホテルの場所によっては、タクシーの方が便利だと思います。

まとめ

タンソンニャット空港からホーチミン市内への行き方は、109番バスを利用するのが便利です。

109番バスは観光客向けに整備されていて、料金も2万ドンと安いですし、安全面でも問題ありませんでした。

逆に、ホーチミン市内からタンソンニャット空港へ行く場合は、場所によってはタクシーの方が便利だと思います。

ただし、街中で走っている流しのタクシーは使わないでください。

ぼったくり被害に遭う危険があるので、必ずgrabタクシーを使ってくださいね!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST