海外旅行で注意すべきこと

Grab(グラブ)タクシーアプリの使い方・カード登録のコツ!ベトナム・インドネシアなど東南アジア旅行にするなら必須!

こんな方に読んでほしい

Grabタクシーのアプリの使い方・カードの登録方法について知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

海外へ旅行に行くとき、スマホって必須ですよね。

中でも「Googleマップ」と「Google翻訳」は使用頻度がとても高くて、旅行するときにはなくてはならないアプリなんですよね。

それから、その他にも「この国に旅行に行くなら、これが必須!」というアプリがあります。

ベトナムやインドネシアなど東南アジアでいうと、ズバリ「Grabタクシー」のアプリです!

緑色のヘルメットと上着を着ていて、インドネシアのジャカルタや、ベトナムのホーチミン・ハノイなど東南アジアの街中には、ドライバーがたくさんいます。

僕は、最初は使い方が分からなくて、「失敗したら、どうしよう!?」とドキドキしていたんですが、実際に使ってみると、とても簡単でした!

この記事では、Grabタクシーのアプリの使い方とカードの登録のコツについて紹介します!

Grabアプリのダウンロード

appleはこちら

androidはこちら

Grabタクシーのアプリのメリット

インドネシアやベトナムに旅行するなら、ぜひGrabタクシーのアプリをインストールしておいてください!

とても便利にタクシーを使えるからです!

メリットは次の通りです。

  • 基本的に24時間365日使える
  • 今いる場所にタクシーを簡単に呼べる
  • 目的地をアプリで設定できる
  • だから運転手と言葉のやり取りが必要ない
  • 支払い料金が事前にわかるので、ぼったくりがない
  • ドライバーの身元が登録されているので安全度が高い
  • 支払いは現金またはカード決済が可能

このように、Grabタクシーは、至れり尽くせりのアプリになっています。

海外の現地の流しのタクシーは、ぼったくりの危険性があります。

でも、Grabを使うとそんな心配はなく、日中でも夜間でも安全に移動できますよ!

デメリット

Grabタクシーアプリのデメリットですが、正直、デメリットは思いつきません。

しいて言うと、日本国内では決済カードの登録ができないことですかね。

ですので、インストールだけはしておいて、カードの登録は現地で行うことになりますね。

Grabが使える国は8つ

公式サイトを見ると、以下の国で使えます。

  • シンガポール
  • マレーシア
  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • フィリピン
  • ミャンマー
  • カンボジア

僕の経験でいうと、タイは交通網が整備されているので、あまり使わない感じです。

ベトナムとインドネシアは、めちゃ使います!

Grabアプリのカードの登録のコツ

海外の現地についたら、手持ちのクレジットカードまたはデビットカードを登録しておきましょう。

カード決済ができると、とても楽ですからね。

ここで注意点なんですが、なぜか登録できないカードがあります。

ですので、何枚かカードを持っていくと安心です。

カード登録のコツは別の場所で何度も試す

これは僕の体験談なんですが、Wi-Fiの場所を変えたらカードを登録できました。

ホテルの部屋で手持ちのカードを登録しようとしたら、なぜか登録できませんでした。

仕方がないので、しばらくの間は現金で決済をしていました。

数日後、別のホテルで、何気なくカード登録に挑戦してみたら、なんとあっさり登録できました!

同じカードだったので、「え!?なんで!?」って不思議だったんですが、どうもWi-Fiの電波によって、登録ができたりできなかったりするみたいです(謎です)。

ですので、Grabにカードを登録するには、場所を変えて何度かチャレンジしてみてください!

Grabアプリの使い方

Grabアプリの使い方は、簡単です。

Grabアプリを起動するのは、直接ではなく、Googleマップから行うのがポイントです!

実際の画面で紹介していきます。

目的地の設定

例えば、今あなたが空港にいるとします。

そして、Googleマップに登録していたホテルまで、Grabタクシーで行きたいとします。

Googleマップで目的地を選択して「経路」を押すと、このようなルートが表示されますよね。

この画面で、上に注目です!

片手を上げたシルエットのアイコンがありますよね。

これをクリックします。

すると、こんな画面になります。

目的地までの時間と、おおまかな料金が表示されるんです。

すごい!

例えばこの場合、バイクなら11万~14万、車なら23万~31万くらいで、所要時間は41分ということが分かります。

ここで、右下の「アプリを開く」をクリックします。

車・バイクの指定してタクシーを呼ぶ

すると、Grabアプリが起動して、こんな画面になります。

呼ぶタクシーを、バイクあるいは車から選べるようになっています。

希望の車種を選択して、「BOOK」を押すと、タクシーを呼べます。

チャットは無視しててもOK

タクシーを呼ぶと、途中でドライバーからチャットが届くことがあります。

結論からいうと、これは無視しておいてもいいし「OK」とでも返しておけば大丈夫です。

たいてい定型文で「あと数分でつきます」みたいなメッセージなので。

ただ、たまに場所がどこなのか聞かれることもあります(空港など広い場所で呼んだ時です)。

その場合は、Google翻訳を使って、対応していきます。

タクシーに乗る

乗り方については、普通のタクシーと同じなんですが、ドライバーは自家用車を使っているので、タクシーのような外見はしていません。

車のナンバーで「これだな」と確認して、自分の名前を伝えて間違いないことを確認します。

スーツケースがあれば、トランクに乗せます。

バイクの場合、Grabバイクが到着したら、ヘルメットを渡されるので、それをかぶって後ろに座ります。

あとは目的地まで、街の中を風を切りながら走ります。

けっこう車の間をすり抜けて強引に走っていくので、ちょっと怖い場面もあります。

しっかりつかまって、落ちないように注意しましょう!

ちなみに、現地の女の子は横向きに座る「女の子座り」をして乗っている子もいます。

「よくそんな姿勢で乗れるなぁ、落ちないのかな?」って感心しました(笑)

支払いは現金でもカードでも

目的地に到着したら、ヘルメットを渡して、現金の場合は現金で支払いをします。

あまり大きな紙幣だとドライバーさんが困るので、細かい紙幣を持っておくのがおすすめです。

カード決済の場合は、何もしなくて大丈夫です。

サンキューと伝えれば、すぐにカード決済されます。

いずれの場合も、すぐにメールで領収書が届きます。

ドライバーの評価

タクシーに乗り終わると、ドライバーを評価する画面になります。

特に問題がなければ5つ星を付けますし、別に評価しなくても問題はありません。

Grabのタクシーを使うときの注意点

現在地がずれることがある

タクシーを呼ぶ時の現在地が、アプリとズレている時があります。

そういう場合は、きちんと現在地に設定しなおしてください。

そうないと、当然ですがタクシーが「ここ」ではなく、「アプリで指定したところ」に行ってしまいます。

僕はそのおかげで、タクシーを待たせてしまったり、そこまで走って移動することになってしまいました。

Googleマップから呼び出す場合、このように現在地がズレることがあるので、しっかり確認して修正が必要なら行ってください。

流しのグラブに注意

注意点ですが、いくらGrabのドライバーであっても、流しは利用しない方がいいと思いました。

というのは、軽いぼったくりに遭ったからです。

以下は僕の体験談です。

ベトナムのホーチミンで用事を済ませて、Grabを呼ぼうと思っていました。

すると、近くのGrabバイクのおっちゃんが、「バイクでのっけていってやる」と声をかけてきました。

いつもならスルーするんですが、この日は暑かったので、このおっちゃんに頼みました。

目的地を伝えるのに、ちょっとだけ手間取りました。

アプリなら、こんな手間はかからないんですよね。

それで、料金も事前に18万ドンとわかっていたので、それでドライバーのおっちゃんに確認を取りました。

実際にバイクで目的地までついて、50万ドンを渡しました。

丁度の紙幣が、手元になかったんですよね。

すると20万ドンを渡されて、「これでいいだろ?いいよな?」みたいな感じで、おっちゃんは言ってきました。

  • 本来:おつり32万ドン
  • 実際:おつり20万ドン(12万ドンの損失)

12万ドンというのは日本円で約60円なので、「めんどくさいし、これくらいの額ならいいや」と思って、そのまま放流しました。

でも、「こういうのを許すと、他の旅行者のためにも、本人のためにも、あんまりよくないのかなぁ?」とか思いました。

あなたはどう思いますか?

とりあえず、僕はできるだけ流しのタクシーは使わない方がいいな、と思いました。

サングラスがあると楽

走っているとき、砂埃が目に入ることがあるので、サングラスがあるといいと思います!

キャンセル料が発生?

これは未確認なんですが、ドライバーをブッキングして5分以降のキャンセル、あるいはドライバーを10分以上待たせてしまうとキャンセル料が発生するみたいです。

また、規定回数を超えるとGrabの利用ができなくなる場合があるようです。

スマホは手に持っておくと安全

これは僕の見解なんですが、スマホはポケットに入れておくのではなく、手に持っておいた方が安全だと思います。

海外でGrabを利用しているお客は、バイクに乗っているとき、スマホを手に持っている人を良く見かけました。

「なんて危ないことを!落としたらどうするの!?」って最初はビックリしたんですが、実際に乗ってみるとわかりました。

この方が、安心感があるんですよね。

しかも、現在地を確認したいので、片手に持っておいた方が便利なんです。

でも、その状態で落としたらアウトなので、保険のために命綱をつけるのがおすすめです。

詳しくは以下の動画で紹介しているので、よかったら見てください!

まとめ

インドネシア・ベトナムなどの東南アジアで欠かせないアプリ、Grabタクシーの使い方やカード登録のコツを紹介しました。

Grabバイクで知らない国の街を走るのは、とても気持ちがいいものですよ!

移動手段としてだけでなく、なんていうのかな?「観光用」として乗っていたいくらいです!(笑)

Grabタクシーは料金も安いですし、便利なので使う機会は非常に多いです。

ぜひ、今回の記事を参考にして使ってみてくださいね!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST