フィリピン

フィリピン旅行の費用は全部でいくら?

こんな方に読んでほしい

フィリピン旅行の費用について知りたい方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

フィリピン旅行に興味が出て、「よし、アンヘレスに行ってみようー!」となったとき、

「予算って、どれくらい必要なんだろう?」

ということが気になりませんか?

フィリピンの夜遊びの相場は、「タイより少し安かったかな?」という印象があります。

費用については、どういう遊び方をするかによって変わるので、一概に「いくら」という風には言えません。

とはいえ、それぞれの料金相場はあるので、それをもとに計算していくと、おおよその予算は事前に割り出すことができます。

ちなみに僕の場合は、食費や現地の移動費を含めて6泊7日で現地で約66,000円ほど使いました。
これにホテル代(約2.2万)と飛行機代(約2.2万)を入れると、合計で約11.1万円です。

今回は、はじめてフィリピンへ夜遊びに行く方のために、実際に僕が使った費用を紹介してみたいと思います。

その他のフィリピンの夜遊び情報・体験談については、以下の記事にまとめてあります。

そちらをご覧いただくと、全体像が分かりやすいかと思います!

【フィリピン】マニラ・プエルトガレラ・アンヘレスの特徴・風俗の種類・夜遊び感想・注意点まとめ 僕は2020年の1月に、初めてフィリピンに旅行に行きました。 行ったのは、マニラ・プエルトガレラ・アンヘレ...

フィリピンの旅行費用

僕が初めてフィリピンに行ったときの旅程は、6泊7日でした。

  • 1日目:マニラ
  • 2日~3日目:プエルトガレラ
  • 4日~6日目:アンヘレス

このような旅程でフィリピンを旅行しました。

それぞれの日で、使った料金を出してみます。

なお、ペソから日本円への計算は1ペソ=2.12円としました。

1日目

主な内容:LAカフェ

初日はマニラ市内のホテルにチェックインした後、有名なLAカフェに行きました。

ホテルもLAカフェもエルミタ地区という、治安の悪いところだったので、移動はドアtoドアのような感じでタクシーを利用しました。

1日目 ペソ 日本円
LAカフェ 2600 5512
ごはん 670 1420.4
コンビニ 100 212
コンビニ 67 142.04
grab 500 1060
grab 105 222.6
grab 80 169.6
LAドリンク合計 750 1590
小計 4872 10328.64

ちなみにマニラのニノイ・アキノ空港の両替所よりも、ATMの方がレートがよかったです。

その記録や、海外の外貨両替に強いカードは以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

【2020年版】フィリピンのATMで両替・使い方を写真で解説・キャッシング手数料無料にする方法

2日目

主な内容:プエルトガレラへ移動・ゴーゴーバー

2日目 ペソ 日本円
バス(往復) 3788
ゴーゴーバー 4000 8480
コンビニ 83 175.96
環境税 50 106
サバンまで 150 318
ピザ 460 975.2
ゴーゴードリンク 480 1017.6
ビキニバー 170 360.4
チップ 500 1060
小計 5893 16281.16

2日目は、マニラからプエルトガレラへ移動しました。

バスとフェリーのチケットは、往復分を事前に予約しています。

プエルトガレラは田舎町ですが、ゴーゴーバーの料金はアンヘレスより少しだけ高かったです。

3日目

主な内容:プエルトガレラの観光

3日目 ペソ 日本円
ムリエまで 20 42.4
ホワイトビーチまで 30 63.6
ご飯 255 540.6
ムリエまで 100 212
サバンまで 20 42.4
ごはん 345 731.4
ごはん 75 159
小計 845 1791.4

3日目は、ホテル宿泊場所であるムリエ港から、少し移動した場所にあるホワイトビーチに行って、のんびりしました。

移動はジプニーとトライシクルを使いますが、どちらも安いです。

この日は夜の遊びはしていないので、費用は安くなりました。

4日目

主な内容:アンヘレスに移動・ゴーゴーバー

4日目 ペソ 日本円
バス 600 1272
ジプニー 20 42.4
ご飯 102 216.24
コーヒー 76 161.12
バカラ 150 318
ゴーゴーバー 4425 9381
ご飯 1600 3392
チップ 275 583
小計 7248 15365.76

4日目は、プエルトガレラからマニラまで戻り、そのままアンヘレスに移動しました。

マニラからの移動は、フライザバスを利用しましたが、とても楽で良かったです。

アンヘレスのウォーキング・ストリートのゴーゴーバーは、タイのバンコクやパタヤよりも安いです。

5日目

主な内容:プリメタ地区のゴ-ゴーバー

5日目 ペソ 日本円
ごはん 340 720.8
ゴーゴーバー 3140 6656.8
チップ 220 466.4
移動 100 212
ごはん 179 379.48
ゴーゴーバー 450 954
ごはん 300 636
コンビニ 98 207.76
小計 4827 10233.24

5日目は、ウォーキング・ストリートから少し離れたプリメタ地区のゴーゴーバーに行きました。

こちらはWSよりも、さらに価格が安いです。

アンヘレスは昼から安く遊べるので、おすすめです。

6日目

主な内容:プリメタ地区のゴーゴーバー

6日目 ペソ 日本円
ごはん 205 434.6
映画 400 848
ごはん 160 339.2
ごはん 321 680.52
ゴーゴーバー 300 636
ゴーゴーバー 3160 6699.2
ごはん 120 254.4
小計 4666 9891.92

6日目も、5日目と同じくプリメタ地区のゴーゴーバーで遊びました。

昼間から営業しているゆるい感じが、とても気に入りました。

また、この日は、初めて海外で映画を見ました。

SMクラークというショッピングモールは時間をつぶせるので、なかなか良かったです。

7日目

主な内容:帰国

7日目 ペソ 日本円
タクシー 400 848
空港使用料 600 1272
小計 1000 2120

7日目は帰国しました。

アンヘレス市内から空港に行くのにホテルでタクシーを予約していましたが、当日予約されていなかったので、焦りました。

しかし、ホテルから空港まで15分と近いので、それでも割と余裕をもってチェックインできました。

なお、アンヘレスのクラーク空港は注意点があり、入国審査を受ける前に空港使用料600ペソが必要になります。

事前に用意してないと困るので(ATMは空港内にあります)、残しておきましょう。

まとめ

フィリピン旅行6泊7日で、費用の合計は以下のようになりました。

フライト料金は、以下の通りです。

関空→マニラ 11,300円
アンヘレス→関空 11,560円
小計 22,860円

航空券については、フライト時間は3~4時間と短いのですが、料金はベトナムやタイと大きく変わりませんでした。

現地で使った費用 66,009円
ホテル代 22,551円
航空券 22,860円
合計 111,420円

感想としては、「フィリピンはインドネシアやベトナムのように、めちゃくちゃ安いわけではないけど、タイよりは少し安い」という印象です。

こんな感じだったので、よかったらフィリピン旅行の参考にしてみてください。

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST