海外旅行で注意すべきこと

海外旅行が決まったらやるべき5つのこと

こんな方に読んでほしい

これから初めて海外旅行へ行く予定がある方

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

海外旅行って、実は思っていたよりも安くいけるんですよね。

例えばバンコクだと、安ければ片道1万円以内の時もあります。

それで、「安いな!?じゃあ、いってみよー!」となったとき、はじめてだと

「で、何からすればいいの!?」

って疑問が湧くと思うんですよね。

そこで今回は、初めて海外旅行に行く前準備として、知っておいてもらいたいことを5つ紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

初めての海外旅行前にやること5つ

今回は、海外旅行前に準備することとして、次の5つをあげてみました。

  1. パスポートについて
  2. スマホについて
  3. 飛行機とホテルの予約について
  4. スーツケースについて
  5. ガイドブックについて

では、それぞれ解説していきます。

1:パスポートについて

まずは、パスポートが必要ですよね。

取得が、ちょっとめんどくさいんですよね。

  1. 用意するもの
  2. できあがる期間
  3. 有効期限の選択

このように、ポイントが3つあります。

1:用意するもの

  • 戸籍謄本(市役所で発行・手数料450円)
  • パスポート用の写真(届を出すところに設置されている・900円)
  • 本人確認書類

これらを用意する必要があります。

住民票は、僕の場合は不要でした。

2:できあがる期間

申請して、出来上がるまでに1週間かかります。

そのため、2回行かないといけないんですよね。

ちょっとめんどくさいんですけど、旅行が決まったらすぐに準備してください。

3:有効期限の選択

有効期限が5年と10年があり、どちらか選びます。

  • 5年:11,000円
  • 10年:16,000円

僕の場合は、この料金でした。

結論から言うと、パスポートの有効期限は、10年をおすすめします。

僕は、「次回行くかどうかわからないから、とりあえず5年でいいか」って5年にしました。

ただ、今になって思うのは「また行くの、めんどくさいな」です(笑)

パスポートは免許証と違って、引越しをしても住所変更の必要がないので、僕は次回は確実に10年にしますよ!

2:スマホのSIMロックを解除する

「海外でも、ネットって使えるのかな?」って心配になりますよね。

これは大丈夫です。

日本にいるときと同じように、スマホを使うことができます。

そのためには、条件があります。

3大キャリアでスマホを購入しているなら、SIMロックがかかっているので、それを解除してください。

そのことで、現地のSIMカードを使えるようになります。

ロック解除は自分で無料でできるので、やり方は検索してみてください。

もしくは、アップルストアで購入すると、最初からSIMフリーのスマホになります。

あとは現地でSIMカードを購入するか、事前にAmazonで購入すれば、海外でスマホが使えますよ!

【完全版】海外旅行の持ち物一覧リスト!総重量7.0㎏以内でLCCも余裕で手荷物OKのパッキング術! 僕は、ひょんなことから、海外へ夜遊びに行くことになりました。 海外に行ったのは、小学生の時のグアム旅行以来です。 ...

3:チケットとホテルの予約は自分でする

僕は、海外旅行の飛行機とホテルの予約って、「旅行代理店にお願いするもの」って思いこんでいたんですよね。

でも、自分で全部できるんです!

圧倒的に安くなるので、自分で行いましょう!

やり方については、以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

海外旅行の飛行機とホテルを格安で予約する方法 まだ一度も海外旅行に行ったことがないなら、「飛行機と宿泊の予約は、旅行代理店でするんだよな?」と思っていることでしょう。...

4:スーツケースはLCCサイズがおすすめ

格安で海外へ行くなら、飛行機は、いわゆるLCC=格安航空会社の飛行機を選ぶことになります。

例えば、スクートやエアアジアなどですね。

LCCの注意点は、飛行機のチケットが安い分、受託(じゅたく)手荷物が有料になることです。

受託手荷物とは、チェックインの際にスーツケースを預けることです。

無料で機内に持ち込むこともできるんですが、そのためには条件が2つあります。

それは、サイズと重量です。

主要LCCの持ち込み手荷物のサイズと重量をまとめると、以下になります。

LCC 手荷物サイズ 重量
エアアジア 56cm×36cm×23cm以内
+
40cm×30cm×10cm以内
合計7kgまで
スクート 54cm x 38cm x 23cm
(3辺合計が115cm以内)
合計10kgまで
ピーチ 50cmx40cmx25cm
(3辺合計が115cm以内)
合計7kgまで
ベトジェットエア 56cmx36cmx23cm
+
身の回り品1個
合計7kgまで

Amazonで検索する

スーツケースのサイズについては、「LCC機内持ち込みスーツケース」でAmazonで検索してみてください。

安ければ3千円代でスーツケースが出てきます。

航空会社で微妙にサイズが違うんですが、「持ち込み用」と書いてあるサイズなら大丈夫です。

別にチェックインの際にメジャーで「1センチオーバー!」なんて厳密な審査はないので大丈夫です(笑)

パッキングは合計7.0kg

重量については、7.0kg以内にしておけば、どのLCCでも無料で乗ることができます。

以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください。

ベトジェットの手荷物7kgギリで搭乗できるか試してみた!受託手荷物にしない無料テクニック LCC(格安航空会社)のベトジェットで、ベトナムのホーチミン・ダナン・ハノイに行く場合、飛行機に持ち込む手荷物の重量は7...
【完全版】海外旅行の持ち物一覧リスト!総重量7.0㎏以内でLCCも余裕で手荷物OKのパッキング術! 僕は、ひょんなことから、海外へ夜遊びに行くことになりました。 海外に行ったのは、小学生の時のグアム旅行以来です。 ...

5:ガイドブックをみる

旅行が決まったら、僕が良くやるのは、「ガイドブックを見ること」です。

「当たり前じゃん」って感じですけど、はじめて行く国の地名を覚えるのって、結構大事なんですよね。

当然ですけど、はじめは意味不明なんですよ。

例えば、タイのバンコクだったら「アソーク・プロンポン・ナナ・ソイカウボーイ・パッポン・タニヤ・ワットポー・モーチット」って、宇宙人の言葉じゃないですか?(笑)

こういうのを、自分の中にインストールしていかないといけないんですよね。

そのためにガイドブックを見るんですけど、僕なりのコツが2つあるので紹介します。

それは、

  • 立ち読み
  • 1日5分を1週間以上

です。

立ち読み

これは本屋さんには申し訳ないんですけど、ガイドブックは立ち読みします。

買わないのは、お金を節約しているという意味もあるんですけど、それ以上に集中力を増すため、って感じです。

買ってしまうと、情報が1冊に限定されるし、家だと油断して読まなくなるので、あえて立ち読みしてます。ごめんなさい。

1日5分を1週間以上

ほぼ毎日、立ち読みすることを日課にします。

とにかく、5分でいいので毎日、眺めるっていうのが大事なんですよね。

記憶って、何度も繰り返すことで定着されるからです。

何日もやっていると、急に、いままで気にならなかったことが気になるようになってきます。

「この地区、なんだろう?」みたいな。

これを僕は「インストールの開始」って名付けてます。

この状態で、あと何回か同じ本をまわしたら、大体インストールが完了です!

まとめ

今回は、海外旅行前に準備することとして、次の5つをあげてみました。

  1. パスポートについて
  2. スマホについて
  3. 飛行機とホテルの予約について
  4. スーツケースについて
  5. ガイドブックについて

行く前は不安もいろいろあると思うんですけど、一度、海外に行くことで、自分の可能性みたいなものが広がるんですよね。

僕は先生に「一回行ってみるといいよ。何が、ってワケじゃないけど、あとでジワジワくるよ」って言葉をもらったんです。

実際に海外へ行くようになって、本当にそうだと実感しています。

ぜひ、今回の話を参考に、海外へ行ってみてください!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST