海外旅行で注意すべきこと

海外で夜遊びするときは女の子のスリに注意すること

じいこす
じいこす
こんにちは! アラフォーでもビンビンのじいこす@【ビン旅】です!

僕の友人で、女の子にカードを盗まれて、なんと1日で18万円利用された方がいます。

幸いにも、保険で全額戻ってきたそうですが、もしこれが現金だったら完全にアウトですよね。

このように、海外で夜遊びするときは、日本にいるときとは意識を切り替える必要があります。

これから海外へ夜遊びに行く場合、ぜひ今回の注意点を頭に入れておいてくださいね!

シャワールームにサイフを持って入りましょう

ポイントはただ一つ、シャワールームにサイフを持って入りましょう!

海外のホテルでも、基本シャワールームは扉で仕切られています。

こちらがシャワーを浴びているとき、女の子が何をしているのかは、確認できません。

一緒にシャワーを浴びることができればいいですが、基本的には仲良くならないと難しいです。

そして女の子は、まさにシャワーを浴びている瞬間を狙ってきます。

僕の友人も、シャワーで頭を洗っているわずか30秒の間に、カードを取られたそうです。

カードがないことに気付いたのは翌朝で、カード会社に連絡すると、すでに18万円も利用されていたとのことでした。

女の子の身分は関係ない

この女の子は、立ちんぼのような、いわゆる身分が低い立場ではありませんでした。

その国では、高級風俗に位置するお店に所属していた女の子です。

僕はこれを聞いたとき、軽くショックでした。

こういったちゃんとしたお店で仕事をしている子なら、お店に連絡すれば、すぐに逮捕されます。

まともに考えたら、お客のカードを盗んだら確実にバレるんだから、そのあと信用がガタ落ちになって職を失うことくらい、わかるはずです。

それでも、魔がさすと、人間って悪いことをしてしまうんだな、と思いました。

サイフを目の前に置いておく方人も原因がある

こういった盗難は、ある意味こちらにも原因があるかもしれません。

これはたとえ話ですが、

お腹が空いている子の前にごちそうを置いて、「これは人のものだから絶対に食べるな!」

と言っても、ガマンできない子も、いると思います。

海外の女の子も、生活するために、必死に生きています。

そんな子の前で、サイフを置いてシャワーに行くのは、はからずも、罪へと導くお手伝いをしている、という見方もできるかもしれません。

女の子を信用していても、それはそれ

いくら女の子と打ち解けて仲良くなって信用できると思っても、「それはそれ」という風に、僕は思います。

むしろ、相手に罪の意識を芽生えさせることがないよう配慮して、シャワールームにサイフを持って入る、という考え方が良いような気がします。

もちろん、シャワーだけでなく、女の子をホテルに連れ込む前には、スーツケースもしっかり鍵をかけておきましょう!

まとめ

僕は友人の話を聞いて、今まで以上に徹底してサイフの管理を注意するようにしました。

ぜひあなたも、海外で夜遊びするときは、サイフに注意してください。

シャワーを浴びるときは、シャワールームに持って入りましょう!

下半身の元気が心配な40代男性

40代男性で性機能(ED)に心配がある方は、以下の記事をお読みください。

40代男性がED治療薬に頼らず海外旅行で風俗を楽しむ方法

こちらで40代男性の精力剤・EDの改善の情報を紹介しています> 精力剤でビンビン・オブ・ライフ

 

RELATED POST